京で出会う美しい舞妓さん9 京都旅楽【たびたの】

挨拶が終わり笑顔の舞妓さん
花街の豆知識 八朔
八朔 一力に伺う芸舞妓さん
旧暦の8月1日は八朔といい、
もともと豊作を願って贈り物を交わす風習があった。

今でも祇園では、芸舞妓が黒紋付の正装姿で、
日ごろ世話になっているお茶屋や師匠のもとへ出かけ、
「おめでとうさんどす」と挨拶をして回る。

On August 1 of the old calendar, It was called hassaku.
Originally manners and customs to shake a present
in hope of a good harvest matched.

Maiko & Geiko of Gion still inherits manners and customs.

Maiko & Geiko wears black full dress Kimono"Kuromontsuki" and visits it to tell
thanks to a family of the Otyaya & teacher who is
usually taken care of.
They say hello with "Omedetousan-dosu".
PLAYBOY 日本版 2006年 09月号 [雑誌]
(2006/07/25)
集英社
この商品の詳細を見る

渡辺淳一と行く京都祇園のお座敷遊び、
お茶屋遊びの礼儀作法、祇園舞妓名鑑など




Copyright (C) 2004-2006旅楽トラベル【たびたの】 旅楽編集部 All Rights Reserved.