京で出会う美しい舞妓さん21 
京都旅楽【たびたの】


花街の豆知識 12月の花かんざし
 
 

舞妓さん 舞妓さん

舞妓さんは月ごとに季節の花かんざしを挿す。
12月の花かんざしは、まねきや餅花。
まねきというのは冬の風物詩南座にあがる看板のこと。
これを模した看板には、好きな役者のサインを入れてもらう。


日本語版 komomo

宮川町の「花傳」の小桃さんが舞妓、芸妓へ
なるまでの道のりを撮影した本。
海外でも絶賛。
   

Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル【たびたの】 美しい舞妓さん(京都 1月の花かんざし)