福井旅楽【たびたの】

昔の息遣い残る 岸名昨嚢のかぐら建ての家

旧岸名家
昔の息遣い残る 岸名昨嚢のかぐら建ての家

高見順の生家
三国を愛した昭和の作家


■福井旅楽
| 見どころ | 北陸 町並み | 旅楽トラベルTOPへ |  名古屋旅楽もくじへ |  名古屋の良いホテルへ |

16)三国祭
250年続く北陸三大祭の1つ 三国祭
17)旧岸名家
岸名昨嚢のかぐら建ての家
高見順の生家
三国を愛した昭和の作家

18)九頭龍寺
北陸の名刹九頭龍寺

19 新穂高ロープウェイ
紅葉深まる山を越える
 
20)山本楽器店
アコーディオニストが集う専門店 
名古屋・中部・北陸旅楽もくじへ
≪11〜15へ



旧岸名家
きゅう きしなけ

高見順の生家
たかみじゅんのせいか



坂井市三国町北本町4−6−54

電話0776−82−0947

開館時間 9〜17時

見学無料

水曜定休(祝日の場合は開館)


■ナビ■




北陸自動車道
「丸岡I.C.」または「金津I.C.」下車
丸岡I.C→およそ35分
金津I.C→およそ30分

京福バス

JR芦原温泉駅→東尋坊方面行バス
→ 「上ハ町」下車
→芦原温泉駅およそ30分

電車

大阪より JR特急サンダーバード
「芦原温泉駅」下車

名古屋より JR特急しらさ
ぎ「芦原温泉駅」下車

金沢よりJR特急サンダーバード
またはしらさぎ「芦原温泉駅」下車


■三国の宿■



三国観光ホテル


今回は日本海の夕陽が美しい
三国観光ホテルに宿泊。
畳敷きの温泉(東尋坊温泉)と
日本海の海の幸が
素晴らしい宿でした。

≫三国観光ホテル宿泊レポ




福井県三国の町には今も情緒深い町並みが残る。
その中で特に目を引くのが旧岸名家の家屋。

平成16年に改修工事を施し、新しく生まれ変わり、大正の頃の状態に復元したそうで、
かぐら建てと言うこの辺り独自の建築方法の町家だそう。

この家のかつての主は、宗匠 岸名昨嚢(きしなさくのう)
材木商とのことで、経済的にも裕福、彼らの嗜みとして「俳諧」が流行。
彼を代表として愛好家が名を連ねる「日和山吟社」が結成され、
大いに盛り上がったようだ。




この他、昭和の代表作家高見順の生家も。





京都旅楽【たびたの】 Copyright (C) 2004-2009 旅楽トラベル 福井の見所 旧岸名家 高見順の生家