名古屋旅楽【たびたの】

ひつまぶしと言えばあつた蓬莱軒
名古屋ランチ・ひつまぶし

あつた蓬莱軒
あつた蓬莱軒 長い行列
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


名古屋と言えばひつまぶしである。
名古屋に行く機会があったので、在住の友人に旨い店を尋ねておいた。すぐに名が挙がったのが、あつた蓬莱軒

あつた蓬莱軒 ひつまぶし

ひつまぶし
の名はこちらの登録商標。ひつまぶしとは正真正銘蓬莱軒の名物である。
本店、支店共に熱田神宮近くにあるとのこと。

開店時間には間に合わないスケジュールだったので、昼の終わり頃の時間ならすんなり入店できるかと思い、
その時間を目指して向かった。(コース懐石料理以外予約不可)
本店は道路から行列が見えたので、熱田神宮前の神宮南門店へ。

時は14時すぎ。ところがこちらも本店と負けないほど人で溢れていた。
入口には「中で名前を書いてください 」と張り紙があったので、
レジの辺りで店員さんに名を告げると「2時間かかります」と言われた。
ここまで来て引き返す訳にもいかず、待つことにする。待つといっても、あちこち観光に出かけても構わない。

あつた蓬莱軒 ひつまぶし あつた蓬莱軒 ひつまぶし

「いやはや、すごい人気だ」と思って、地元の方に伺うと、
通常は20分くらい待てば入れるらしい。名古屋人は待つのが嫌いだからと言う。
この日は連休だったので、こんな行列ができているのでは?もしくはTVでも紹介されたのかな?と。



 あつた蓬莱軒 ひつまぶし 薬味 あつた蓬莱軒 ひつまぶし 肝吸い

少し遠くに観光に行こうと思って、熱田神宮参拝後、15時すぎに様子伺いに店に立寄ると、呼んでもいない方が多く、
意外にも順番が縮まっていた。中の待合室で待つように促され、椅子に座っていると、間もなく2階へ通された。
15時30分前。

 あつた蓬莱軒 ひつまぶし あつた蓬莱軒 ひつまぶし

予想以上に早くてほっとしたが、そういえばこちらの昼営業時間は通常なら14時30分まで。
とっくに時間は過ぎている。お運びの方に「お休みなしですか?」と問うと「そうなんですよ」とにっこり。
その間にも次々と客が入ってくる。

あつた蓬莱軒 ひつまぶし2 あつた蓬莱軒 ひつまぶし3

一度食べたかったひつまぶし2520円を注文。休みなく焼いているのだろうか、ほどなく運ばれてきた。
木の小さなお櫃の蓋を開けると、中には赤茶色の芳ばしい蒲焼。あつあつのご飯に隙間なくのせられている。
ここからは店の案内に添って、ひつまぶしを 四等分。
まずはそのまま茶碗に入れる。鰻の皮がかりっとするこげ加減、 しっかりと染み込んだタレ。
八丁味噌も加えられているのだろうか、よくわからないがこんな美味しい鰻は 初めてだ。奈良漬や肝吸いも一緒に頂く。

そして、二膳目は茶碗にひつまぶしを入れてたっぷり出された薬味(青ねぎ、刻み海苔、山葵)を加える。
山葵がいい味だ。これがアクセントとなって更に美味しさは増す。

三膳目は用意されたオリジナルのだし汁をかけてお茶漬けに。鰻に湯が通りじゅわっとした食感に変わる。
濃い目のタレがだし汁に馴染んでサラサラと。

そして最後は自分の好きな方法で頂く。 なんて美味しく、楽しい膳なのだろう。

あつた蓬莱軒では、このひつまぶしを食べるためだけに訪れる県外者も多いと言う。
それは納得だ。こんなにも美味しいのだから、2時間待ちでも満足度は高い。
今度はいつ食べられるのだろう、そんな思いが募る、期待以上のひつまぶしだった。

美味いうなぎ店めぐり♪

日本一の鰻 かねよ ふじ亭  江戸川 寿々喜 あつた蓬莱軒


●京都の美味しいもの

あつた蓬莱軒
ひつまぶし

蓬莱陣屋(本店
愛知県名古屋市熱田区神戸町503 
電話052−671−8686
 営業時間11:30〜14:00 16:30〜20:30 ※月曜定休(祝の場合は営業)

神宮南門店

愛知県名古屋市熱田区神宮2−10−26
電話052−682−5598
 営業時間11:30〜14:30 16:30〜20:30 ※火曜定休(祝の場合は営業)

松坂屋店
愛知県名古屋市中区栄3−16−1
電話052−264−3825
 営業時間11:00〜22:00(LO21:00) ※松坂屋に順ずる 



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】 名古屋の美味 あつた蓬莱軒のひつまぶし