京都旅楽【たびたの】

山門の石段が真っ赤に染まる散紅葉が印象的な鹿ケ谷にある安楽寺

安楽寺の紅葉

真っ赤に染まる石段
散紅葉 心やすらぐ安楽寺


京都紅葉名所

安楽寺
あんらくじ

山号 住蓮山
安楽寺の紅葉
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21

電話075−771−5360

写真の紅葉時期
11月下旬

安楽寺の紅葉

散紅葉は12月上旬〜中旬

2006年度秋の一般公開

11月3〜5・11〜12・18〜19日
11月23日〜12月3日

拝観時間 9:30〜16:30

※30分おきに本堂にて由来説明有


ナビ

・市バス「真如堂前」→徒歩約10分

哲学の道より一本山際。
法然院の南側。


安楽寺に便利な宿

■祇園東山・北白川周辺の宿

JR京都から便利なホテル

JR京都から便利な和風宿


京都の美味

●京都の美味しいものおとりよせ


京都の紅葉ガイド


京都紅葉百景
京都紅葉百景

橋本 健次、中田 昭 他
光村推古書院
本の詳細を見る


京都秋景 紅葉を歩く
京都秋景 紅葉を歩く

水野 克比古
淡交社

本の詳細を見る


花紀行 京都もみじ百景
花紀行 京都もみじ百景

土村 清治
山と溪谷社

本 の詳細を見る


京の紅葉紀行―京都人、京都通がおすすめする紅葉名所京の紅葉紀行
京都人、京都通が
おすすめする紅葉名所

淡交社
本の詳細を見る


京都目的別もくじ

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

■京都・大阪・神戸の良い宿

■京町家に泊まる

■京都本図書館

■サイトマップ

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

131)今熊野観音寺 西国15番紅葉名所
黄金の落葉降積む京都一赤い紅葉の下
132)安楽寺紅葉名所
真っ赤に染まる石段散紅葉 安楽寺
133)湯たくさん茶くれん寺
秀吉のエピソード残る尼寺
134)化野念仏寺 紅葉名所
無数の石仏を見守る 紅葉の木々
135)弁慶石
岩手より恋しい京へ戻ってきた不思議な石


安楽寺の紅葉 


山門の石段が真っ赤に染まる散紅葉が印象的な
鹿ケ谷にある安楽寺
7月25日の中風封じのカボチャ供養でも有名だ。

安楽寺は、法然の弟子である住蓮房(じゅうれんぼう)と安楽房(あんらくぼう)が
念仏同情「鹿ケ谷草庵」を近くに開いたのが始まり。

シーサーと千両 安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉 庭のシーサー 安楽寺の紅葉

その後仏教に救いを求めた後鳥羽院の女御松虫鈴虫が、
安楽寺にて内密に出家をしたことから、院の怒りを買い、念仏は禁止、道場は荒廃。
住蓮房安楽房は死刑、法然は流刑になった。

安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉

のちに法然上人は二人の死を悼み、供養のため住蓮山安楽寺をつくった。


安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉

1681年に現在地に本堂が移され、伽藍も建立された。


安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉

安楽寺のこの由緒を、松虫、鈴虫像のある本堂にて住職が丁寧に説明して下さる。


安楽寺の本堂前庭 安楽寺の紅葉 安楽寺の紅葉

そこには椅子が数脚用意してあった。足の不自由な方にもやさしい心遣いがある。


人で溢れる京都の紅葉シーズンに、ゆっくりと座らせて寺の由緒を説明してくれる寺は、
一体いくつあるだろう。


安楽寺の紅葉 山門 
安楽寺の紅葉 山門

お布施の箱が置いてあったので、少し
ばかり小銭を入れて逃げるように立ち去った。
施しをした方には安楽寺のハガキを下さるとの事だったのだが、頂くまでもない金額を
入れたから。 するとすぐに住職が走ってきて「ハガキをどうぞ」と言う。
心がほんのり温かくなった。1枚のハガキをとてもとても有りがたく頂戴した。

こんな小さな事まで心配りをされている安楽寺の住職とはどのような人なのだろう。
そう思って頂いたチラシなどを拝見した。

「安楽寺は、かつての寺が担っていた芸術・文化の発信や交流を
今の時代に沿った形で多くの方々にお届けしたい」との信念をお持ちの住職は
寺を芸術作品のギャラリーとして公開したり等の活動をされていらっしゃるとのこと。

この日も沖縄の若きシーサー作家 宮城光男さんの作品があちこちに
飾ってあり、野外ギャラリーのようであった。

安楽寺の美しすぎる紅葉はもちろんおすすめだが、それだけでは無い何かも
この寺には溢れている。きっかけは何でもいい。是非1度2度と足を運んで欲しい。





京都旅楽その26

京都紅葉名所
哲学の道
 


Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル【たびたの】 京都紅葉名所 安楽寺の紅葉情報です。