京都旅楽【たびたの】
北野天満宮では、毎年事始の12/13から終い天神の25日まで
大福梅の授与(500円)を行っている。



京のご利益

大福梅
おおふくうめ


北野天満宮 大福梅 大福梅6個と裏白 北野天満宮正月縁起物

北野天満宮では、毎年事始の12/13から終い天神の25日まで
大福梅(おおふくうめ)
の授与(500円)を行っている。※但し、なくなり次第終了

この大福梅は、 正月元旦の朝早く、祝儀として家ごとに茶の中に梅干を入れて飲む習慣より派生したもので、
村上天皇(951年)が疫病流行で病にかかった際、この茶を飲んで平癒したとのことから続いている。

大福梅授与された大福梅は元旦に茶または湯に入れ服す。
そうすれば年中の疫病を除き、長寿幸福を得るという。
毎年この時期は大福梅を求める参拝者で賑わうが、
特に25日の終い天神は京都の行事の締めくくり、
師走の恒例神事となっており、例年15万人ほどのすごい人出となる。


大福梅の土用干し
7月中旬から8月下旬にかけて天日干しをし、干しあがった梅に塩をまぶした上で、
11 月下旬まで樽に貯蔵する。
こうして大福梅(おおふくうめ)は完成し、12月13日より授与(有料)される。
おとりよせ ★京都のおいしいもの一覧
わらびもち&甘酒のおとりよせ
天神蔵仕込み 梅酒 500ml天神蔵仕込み梅酒  ご縁を結ぶ飛梅の里「祝むすび」【のしラッピング無料】梅色の飛梅の里祝むすび(2個入)梅色の飛梅の里祝むすび 天神もなか天神もなか 慶びの梅酌 18粒慶びの梅酌 
北野天満宮 大福梅
京都市上京区馬喰町 電話075−461−0005 ※京福電車白梅町駅より徒歩5分 ※無料駐車場(25日不可)



Copyright (C) 2004-2006旅楽トラベル【たびたの】 旅楽編集部 All Rights Reserved.