松山旅楽【たびたの】

日本三古湯の一つ道後温泉は、アルカリ性単純泉の良質の名湯で、日本書紀や万葉集にもその名を見るほど歴史がある。


道後温泉
愛媛の名湯で 坊ちゃん気分



■松山旅楽■その1 | 温泉 | 愛媛道後温泉| 旅楽トラベルTOPへ |  滋賀もくじ | 京都もくじ |大阪・神戸もくじ名古屋・三重 |

1)信楽陶苑 たぬき村
たぬきの国へ逃避行
2)道後温泉
愛媛の名湯で 坊ちゃん気分
3)厳島神社
世界文化遺産
 日本三景

神の島に佇む 水上の神社
4)マキノサニービーチ
水と空、山の輝くマキノビーチ
5)メタセコイアの並木
冬のソナタを彷彿させる美しい並木道
6〜10へ>



道後温泉
本館
どうごおんせんほんかん

愛媛県松山市道後湯之町5−6
電話089−921−5141
営業時間 6〜23時
(※湯によって終了時間異なる)

・霊の湯 3階個室
(1500円: 6〜22時 80分)
・霊の湯 2階席
(1200円 6〜22時 60分)
・神の湯 2階
(800円 6〜22時 60分)
・階下
(400円 6〜23時 60分)
・又新殿観覧料250円

※有料駐車場約100台
道後温泉旅館協同組合
電話089−943−8342

泉質
アルカリ性単純泉 泉温42度

効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、打ち身、
五十肩、痔疾、冷え性、運動器障害、病後回復

■ナビ■

JR予讃線「松山駅」から
「道後温泉行」の伊予鉄道市内電車
→終点下車

■道後温泉の宿■

じゃらん→道後温泉

楽天→道後温泉

■松山の美味■

●愛媛の美味おとりよせ

洋魂和彩Kurun ダイニング

労健饅頭 まんじゅう

■道後温泉の見所■

いたるところに道後温泉のシンボルが

いたるところに道後温泉のシンボルが

白鷺が温泉を発見したと伝わる

白鷺が道後温泉を発見したと伝わる

坊ちゃんの間夏目漱石銅像

坊ちゃんの間夏目漱石銅像

坊ちゃんの間

坊ちゃんの間

個室の廊下

個室の廊下


道後温泉の看板 道後温泉 美しい外套

日本三古湯
(兵庫県有馬温泉、和歌山県白浜温泉)の一つ道後温泉は、アルカリ性
単純泉の良質の名湯で、日本書紀や万葉集にもその名を見るほど歴史がある。
明治の文豪夏目漱石の坊ちゃんでも有名だ。
道後温泉本館はその歴史を感じさせる重厚な建物で国の重要文化財となっている。

6時前なのにこの行列 道後温泉重厚な概観 下足箱

朝6時からの営業だが、一番風呂に入ろうと、地元の方は別の入口にちらほら並ぶ。
一方、
5時代から観光客は長い行列。休日は特にすごい。
6時を知らせる太鼓が鳴る頃には、 駐車場も満車状態。

霊の湯2階 霊の湯2階からの 霊の湯2階お茶屋

温泉は 霊の湯 3階個室(1500円: 6〜22時 80分) 、2階席 (1200円 6〜22時 60分)
神の湯 2階 (800円 6〜22時 60分)、階下 (400円 6〜23時 60分)。
霊の湯利用者は明治32年に完成した皇室専用湯殿 又新殿観覧料250円が無料になる。

個室は部屋数が限られているため、シーズンは早目か時間をずらさないと利用が難しい。
霊の湯は10名が入ればいっぱいの小さな湯船なので、時間帯によっては待たなくては
入れない。尚、霊の湯利用者は 神の湯へも入浴できる。

道後温泉の菓子 浴衣と茶菓子 湯飲みにも道後温泉のシンボルマーク

かなり混雑が激しかったので、 この日は霊の湯2階席 を利用した。
畳の部屋で、まず、お茶と道後温泉せんべいのもてなしがある。
湯飲みにも、煎餅にも道後温泉のマーク。 ここで一服した後、貸し浴衣とタオル
(入浴料金に含まれている)をもって霊の湯へ。少し深めの湯船に溢れる42度のアルカリ泉。
最初の数分はゆっくりその湯を堪能できたのだが、次々と人がやってくるのでそそくさと退場。

霊の湯女 霊の湯男 神の湯座敷

神の湯の部屋も既にいっぱい。浴衣姿で皆くつろいでいる。
休むのもそこそこに、坊ちゃんの間と皇室専用湯殿 又新殿(ゆうしんでん)を拝観。
最上級の御影石造りの湯船とそこから見える庭。
皇室専用の温泉を最後に使用したのは昭和天皇とのこと。
玉座の間など細かな細工をほどこした休むための間も見事。
特に畳敷きの和トイレは一度も使用されていないとのことだが、漆塗りの立派なもので必見。

道後温泉概観続々人が 玉の石 皇族専用門入口

皇族専用の御成門には、龍、鳳凰、湯玉と三重の屋根瓦になっている。
また、本館の東北隅は、大国主命が病気の少彦名命を道後の湯につけたところ、
奇跡的に回復し、立ち上がった少彦名命が踏んで足跡をつけたという伝説の玉の石がある。

おすすめの宿
ビジネスホテル泰平別館
じゃらんホテル泰平別館

 楽天ホテル泰平別館

温泉付プラン有
一人3850円、二名7000円とコストパフォーマンスが素晴らしい。
ちんちん電車の1日乗車券(300円)を購入すれば、道後温泉
繁華街とのアクセスも良い。松山城のすぐ下なので環境は良好
で静か。城へはハイキングでも可能。本館の温泉付きプランを利
用すれば、無料で本館の奥道後温泉へ入浴できる。部屋は普通
のビジネスホテルで少し古い感じもするが、加湿器、スタンドを完
備。ネット設備はないが充実している。
観光向けに坊ちゃんの小説を置く気配りがいい。
朝食は無料サービスと思えない程の和食をメインにした品揃え。
駐車場も広くビジネスのみならず観光にもおすすめ。
 

Copyright (C) 2004-2007旅楽トラベル 旅楽編集部 All Rights Reserved. 道後温泉