京都旅楽【たびたの】

出町柳の行列が絶えない和菓子屋と言えば創業明治32年のふたば名代豆餅(160円)が名物
京都和菓子・名代豆餅

出町ふたば
出町ふたば
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


出町柳
の行列が絶えない和菓子屋と言えばふたば。創業明治32年、名代豆餅(160円)が名物の和生菓子店だ。

出町ふたばの和生菓子 出町ふたば いつも行列

小さな店の奥では職人さんが手作りしている様子が。

 出町ふたば 手早く包んでくれる 出町ふたば 名代豆餅

店頭では白い服に身を包んだ店員さんが休みなく豆餅を包んでいる。

出町ふたば レトロな店内

名代豆餅は、白い餅にぽっこりと見え隠れするごろごろとした豆が印象的。
北海道産の赤えんどう豆のしょっぱさと赤ちゃんの肌のようなやわらかい餅、
きめ細かい上質なこしあんが見事にマッチ。

素材の良さがダイレクトに伝わってくる。ボリュームも満点なので、普通の人は1個で十分。

できたての名代豆餅は買ったらすぐ食べるのがいい。
暖かい季節は鴨川べりに腰かけながら。
豆餅は残念ながら、時間が経つとすぐ固くなってしまう。お土産には向かない。

豆餅のほか、赤飯、粟餅、おはぎ、大福、季節の和菓子 など も販売されている。

平日でも行列が途切れないので、休日やシーズンは確実に並ぶ覚悟を。
手際がいいのでそれほど時間はかからないと思うが。




出町ふたば 葵もなかの情報を追加しました2006.7




出町ふたば 葵もなか 出町ふたば 出町ふたば

友人からいただいた最中が美味しかった。
ぱりりとしたかわは上あごにくっつきながらもそのさくさく感と微妙な甘味を主張。
中には大粒の餡がたっぷりと入っていて甘いもの好きにとってはたまらない。

つぶ餡を存分に食べながらも全く飽きないのである。
控えめな甘さ、そしてかわとの絶妙なバランス。

これは京都「出町ふたば」の「葵もなか」1個220円。
「豆餅」もかなりの美味しさとのことで、美味しい甘いものを食べたいという欲求が
止まらなくなってしまった。(記事:ふとり)



出町ふたば 花だんごの情報を追加しました2011.2




行列が苦手である。故に出町ふたばの和菓子は専ら頂きもの。
しかし、オフシーズンの2月、梅の芳しい香りに春を感じ、ふたばの「花だんご」のポスターに思わず足を止めてしまった。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

実は花だんごが好きなのである。そして、珍しい事に今日の行列は1列のみであったのだ。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅 出町ふたば【京都和菓子】豆餅

注文までは幸運な事にあっという間であった。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

花だんご160円とやっぱり豆餅が食べたいと連れが言うのでそれを頂く。
見れば周りは豆餅を大量に購入している。次から次へと豆餅が飛ぶように売れていく。
手際の良い店員さんの手でくるくる包まれていく。豆餅、恐るべし。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

桜の桃色、白、蓬の緑。見た目もなんとかわいらしいのであろう。
ねっとりとほんのり甘い花だんご160円。ああ、食べたかった。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

連れの豆餅はずっしりと横綱級。赤えんどう豆が甘さを引き立てて旨いと。
並んでも食べたくなる出町ふたばの和菓子達。行列が1列なら迷わずどうぞ。
出来たてが更に旨い。



出町ふたば 花だんご、福豆大福、本よもぎ
の情報を追加しました2011.4



桜の季節本番の4月に突入した。出町ふたばを見れば今日はまだ1列である。
「これは少ない」と思わず列に加わってしまった。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

さて、今日は何にしようか。勿論花見だんごは必須だ。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

ほんのりと新緑色に変わった蓬のだんご160円。パステルカラーでよりかわいらしい。

 出町ふたば【京都和菓子】豆餅

本よもぎもこの季節食べたくなる。できたての柔らかな深みどり色のもち。

出町ふたば【京都和菓子】豆餅

先日は早く来過ぎて並んでいなかった福豆大福160円。
名代豆餅の白豆バージョンである。名前も福福しい頂くとかなり嬉しい豆餅である。



出町ふたば 栗餅、赤飯
の情報を追加しました2011.12



出町ふたばの前を通りかかったら、意外にも行列が少なく、
丹波直送新栗栗餅のビラビラが目に入り、思わず並んでしまった。

出町ふたば【京都和菓子】

和菓子は季節そのものである。まるでぺんぎんのようなかわいらしい形の栗餅には軽く黄粉がまぶされている。
やわらかな餅をあぐっとすれば、いつものふくよかな餡に野性味のある栗がころりと現れる。
いつまで販売されるのだろう。美味しいなあと京番茶をすする。

出町ふたば【京都和菓子】 出町ふたば【京都和菓子】

そして、新栗に惹かれ、栗赤飯もついつい買ってしまう。

出町ふたば【京都和菓子】

こんなに美味しそうな栗がごろごろ入ったお赤飯。
別にめでたいことなど無いのだが、食卓に並んだだけで華やかな気持ちになる。
あずきの色だけでほんのりとピンク色になった赤飯はもちとしていて美味しい。
もうちょっと食べたいなと言うこの分量も絶妙だ。



出町ふたば 冬至もちの
情報を追加しました2011.12



2011年12月22日冬至。 日本では、この日にゆず湯に入ったり、南瓜を食すとと無病息災と伝わる。
出町ふたばでは季節限定の冬至もちが登場するのだが、これがすごく美味で待ち遠しいのである。

出町ふたば【京都和菓子】

冬至もちとは、京都水尾の本柚子を餅に練りこんだもの。

出町ふたば【京都和菓子】

柚子の香りがたまらないほど芳醇な餅は、噛むのが楽しくなるくらい。
中には粒あんが収められている。この季節だけなのが残念だが、旬とはそういうものである。
読者の皆さんも厄除けに是非。1つ180円。

出町ふたば【京都和菓子】 出町ふたば【京都和菓子】

向寒のみぎり、春を待つ如く桜餅180円と豆餅160円を頂く。
寒い日はこたつで京番茶をすすりながら出町ふたば三昧、是勧也。



■京都の和菓子めぐり■■

出町ふたば 名代豆餅 出町ふたば 豆餅  嘯月 上生菓子
松屋藤兵衛 福耳 松屋藤兵衛 松風 茶洛 京わらびもち 茶洛 わらびもち
阿闇梨餅 満月 阿闇梨餅 中村軒 中村軒 麦代餅
老松 夏柑糖 老松 夏柑糖  緑寿庵清水 金平糖


京都の美味おとりよせ



|
旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のおとりよせ  | 京都目的別もくじへ  |

出町ふたば
豆餅、和生菓子

京都市上京区出町通今出川上ル青竜町236  京阪「出町柳」下車→徒歩3分 
電話075−231−1658  営業時間 8:30〜17:30  ※ 毎週火・第4水(祝日の場合翌日) 定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル京都の和菓子情報 出町ふたば(名代豆餅)