京都旅楽【たびたの】

京都の夏 祇園祭


祇園祭
山鉾巡行 孟宗山 山伏山 函谷鉾

悠久の時を超え ゆっくりと ゆっくりと 雅の山鉾がゆく



■京都旅楽その3■京都三大祭
| 見どころ | 京都祇園祭 |  旅楽トラベルTOPへ | 京都のお土産おとりよせ | 京都の良い宿 |

葵祭(5/15) 
平安の行列 粛々と平成を歩む
祇園祭鉾建て(7/10〜13)
匠の技 伝統の縄締めで 鉾建つ
祇園祭宵山(7/16) 
コンチキチンの宵の中
祇園祭還幸祭(7/24)
月に照らされ幸せは還ってくる
時代祭(10/22) 
目の前で繰り広げられる時代風俗絵巻
祇園祭2005祇園祭
祇園祭の質問集

下記山鉾巡行順番は
2005年
先頭)長刀鉾(なぎなたぼこ)
2番)蟷螂山(とうろうやま)
3番)孟宗山(もうそうやま)
4番)山伏山(やまぶしやま)

5番)函谷鉾(かんこぼこ)

6番)占出山(うらでやま)
7番)綾傘鉾(あやがさぼこ)
8番)伯牙山(はくがやま)
9番)鶏鉾(にわとりぼこ)
10番)保昌山(ほうしょうやま)
11番)木賊山(とくさやま)
12番)油天神山(あぶらてんじんやま)
13番)菊水鉾(きくすいほこ)
14番)郭巨山(かっきょやま)
15番)四条傘鉾(しじょうかさほこ)
16番)霰天神山(あられてんじんやま)
17番)月鉾(つきぼこ)
18番)白楽天山(はくらくてんやま)
19番)芦刈山(あしかりやま)
20番)太子山(たいしやま)
21番)放下鉾(ほうかぼこ)
22番)岩戸山(いわとやま)
23番)船鉾(ふねぼこ)

ここより後祭の巡行

24番)北観音山(きたかんのんやま)
25番)橋弁慶山(はしべんけいやま)
26番)浄妙山(じょうみょうやま)
27番)鈴鹿山(すずかやま)
28番)八幡山(はちまんやま)
29番)鯉山(こいやま)
30番)役行者山(えんのぎょうじゃやま)
31番)黒主山(くろぬしやま)
最終)南観音山(みなみかんのんやま)
京都目的別もくじ

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

孟宗山 孟宗山雪の綿をかぶる 墨画の見送りはめずらしい

孟宗山(もうそうやま)
烏丸四条上ル


別名筍山。孟宗が病身の母のために雪の中筍を掘り当てる様子を表している。
右手には筍。

見送りは墨画竹林図。煌びやかな見送りが多い中めずらしい。
親孝行にご利益が。

山伏の人形 見送りは龍波模様

山伏山(やまぶしやま)
室町通蛸薬師下ル

八坂の塔がかつて傾いたときその法力で直したという浄蔵貴所の大峰入りの姿。

函谷鉾大きく揺れる鉾頭 稚児人形が乗っている 鶏が織り込まれている 見送りエジプト天空図

函谷鉾(かんこぼこ)
四条通烏丸西入


鶏の鳴き声によって函谷関を抜け脱出したという斉の孟嘗君の故事より。


函谷鉾

前がけは旧約聖書の場面を描いた16世紀の毛綴。重要文化財に指定されている。






Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル【たびたの】 旅楽編集部 All Rights Reserved. 祇園祭