京都旅楽【たびたの】

先斗町を三条へ向かって上る突き当たりにある小さな甘味処茶寮ぎょくえん
あんコーヒーが名物のぎょくえんだが、期間限定の カキ氷のファンも多い。
京都甘味喫茶・かき氷

茶寮ぎょくえん
黒みつミルク
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


先斗町を三条へ向かって上る突き当たりに小さな甘味処がある。茶寮ぎょくえん

ぎょくえん概観 ぎょくえん看板

場所柄先斗町の舞妓さんなどもよく通われているようだ。あんコーヒーが名物のぎょくえんだが、4月下旬〜10月
下旬まで限定のカキ氷のファンも多く、暑い陽が注ぐ昼間でも行列ができている。

ぎょくえんサンプル ぎょくえん店内

店内は4人がけのテーブル3席と4名用の座敷(禁煙)が1つあるのみ。とてもこじんまりとしている。

この日はミルク黒みつミルク(600円)
を注文。運んで下さる女将さんはきりりとしている。
常連さんにはフレンドリーだが、一見さんには少しそっけない感じがすると思う。
また、子供連れの方は断られるのでご注意。

ぎょくえん座敷 ミルクかき氷

さて、かき氷だが、芸術品のように削られていて、一見綿菓子のようにふんわりと、斜めに長い氷で美しい。
黒みつは 濃くなく、ほんのりとまんべなくかけられ、上品に氷と合わさる。
一口目がとてもいい。食べ進めば、そこに隠れていたかのように時々ミルクが顔を出す。

 座敷 名物あんコーヒー

残念なのは最後の方。ゆっくり頂いたせいだろうか、氷が固まりになっていて、最初の食感はなくなっていた。
また、もともと薄くみつがかけてあるので、すっかり水のみが残ってしまった。食べ方が悪いのかもしれないが。

とにかくオープン前から並んでいることが多いので、時間の余裕をもって。
夜は21:00までなので、先斗町で飲んでからでも利用可能。
一人で訪れる人の姿もよく見るので、お一人様でも混雑時以外は居心地は悪くないと思う。

名物のあんコーヒーの話題はまた後日。



おとりよせ 京都の美味おとりよせ


茶寮ぎょくえん
甘味喫茶

京都市中京区先斗町三条北突当り石屋町126
電話075−231−8353  営業時間14:00〜21:30(LO 21:00) ※木曜定休(祝日の場合は翌日)



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル【たびたの】 京都甘味 茶寮ぎょくえんの記事です。