京都旅楽【たびたの】

妙心寺に隣接する花園会館の1Fにある「花ごころ」は、
京の風情がいっぱいのメニューをリーズナブルに頂ける食事処


京都ランチ・和食

花ごころ
花ごころ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


妙心寺
に隣接する花園会館
の1Fにある「花ごころ」は、京の風情がいっぱいのメニューをリーズナブルに頂ける食事処だ。

花ごころ

料理長のおすすめランチの玉手箱は開けてみてのお楽しみメニュー。デザートまでついて1800円。
最近登場したのが湯葉丼。サラダや吸い物等がついて1200円とリーズナブル。


玉手箱 花ごころ 一服メニュー豆乳チーズプリン 花ごころ

妙心寺にお参りが済んで「さて一服」に人気なのが自家製豆乳チーズプリン(14時より)。
和と洋の絶妙なメニュー作りと工夫、体にやさしい食材と禅の心のおもてなしが本当に居心地よい。
ホテルの中なので気づきにくいが、妙心寺参詣の際はチェックされてみてはいかがだろうか。



花ごころのカツ丼、湯葉丼の情報を追加しました。2008.11



桜、紅葉の妙心寺、多くの観光客が訪れる。さて、周辺で気軽にできる食事処と言えばおからはうす、
駅前の天下一品など、ベーカリーレストランの新々堂などがあるが、もっと近くにちょっといいレストランがあるのだ。

花ごころ 花ごころ

それが妙心寺の隣、花園会館にある花ごころ。妙心寺御用達のホテルにはお坊さんの姿があちらこちらに。
もちろん、花ごころで食事をされている方も多く、そこは一般のレストランとはちょっと違って、落ち着いた雰囲気である。

花ごころ 花ごころ

和のテイスト溢れる明るい店内は、テーブルの間も広くゆったりしている。
この日はカツ丼1050円にミニうどん210円をプラス。それと料理長おすすめの湯葉とろ丼1200円を注文。
テーブルには、呼び出しボタンが置いてあるので、注文するのにスタッフを捕まえるのにキョロキョロしなくてもいい。

カツ丼は味つけも良い具合で美味しく、ミニうどんはミニと言うには大きめで男には嬉しいボリューム。
関西風の出しの効いたうどんにお腹も大満足。カツ丼には赤だし、沢庵などの漬物がついている。

花ごころ

湯葉とろ丼は名の通り湯葉とたっぷりのとろろがご飯にかけられたもの。
別添えであんかけ出汁がついていて、これを丼にかけ、真ん中のわさびを崩して頂く。
ほかほかのご飯に冷たい出汁が今までに無い味わいで面白い。
これに美味しい揚げ出し豆腐、赤出汁、漬物がつく。これはおすすめしたい一品だ。



花ごころのカツ丼、湯葉丼の情報を追加しました。2011.3



妙心寺参拝の後、訪れたのは隣のホテル花園会館にある和食処花ごころ

花ごころ【京都ランチ】

お坊さんが食事をしているような落ち着いた雰囲気で、禅の心が行き届いているのだろう、
スタッフの応対もやわらかで、あらゆる世代におすすめである。
メニューも湯葉を使用した精進料理からうどんなどのメニューまで色々と用意されている。
法要後の団体での食事などにも利用できるようだ。

花ごころ【京都ランチ】

花ごろも1750円。
精進フライは高野豆腐、蓬麩、湯葉を揚げたものにきんぴらごぼう、サラダ、香の物、赤だし、
ごはんが付くヘルシーメニュー。

花ごころ【京都ランチ】 花ごころ【京都ランチ】

抹茶蕎麦、うどん、蕎麦が並ぶのは彩麺1370円。
ちらし寿司と揚げ出し豆腐がセット。


花ごころ【京都ランチ】

抹茶のわらび餅まで付いているのは本日の御膳。
桶の中には、刺身、だしまきたまご、蓮根、胡麻豆腐、三色ミニ団子。
百合根を桜の花びらに見立てたものがちょこんと乗せられて春の風。
野菜の天麩羅、ちらし寿司、小うどん(蕎麦も選択可能)。春満開の膳である。



※下記が花園会館概観
妙心寺 花園会館妙心寺のホテルで、一人でもグループでも安心して利用できる。
庭園大浴場、部屋(和室、洋室)も清潔感にあふれ気持ちが良い。
禅の心のもてなしが伝わるようだ。
妙心寺すぐ横で、洛西の観光に便利。
宿泊料金もリーズナブル。朝食の粥が人気。

■詳細・予約状況は下記より

宿ぷらざ→京都妙心寺 花園会館

じゃらん→ 京都妙心寺 花園会館

花ごころ
和食

京都市右京区花園木辻北町1−5−1F 花園会館内
電話075−461−6857 営業時間11〜22時 ※無休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都和食情報(妙心寺周辺) 花ごころ