京都旅楽【たびたの】

花背八桝町で行われる勇壮な花背の松上げに多くの人が集まる

花背松上げ

祈りの火、燃え上がる

京都旅楽その51

京都火祭り
花背松上げ




花背松上げ
はなせまつあげ



開催日 8月15日

21時点火

左京区役所花背出張所

電話075−746−0215

左京区花脊八桝町



■ナビ■

京都バス「花脊交流の森前」

※日帰り不能

花背松上げ観賞バス

※特別便(要予約)運行の場合有り

京都バス 運輸部営業課

電話075−871−7521

■町家の宿■

京町家に泊まる

■花背の宿■


公共交通機関がなくなるので、
宿泊もおすすめです。


みつた荘


翠峰荘

京都目的別もくじ

旅楽もくじ 簡単検索&更新情報

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

261)京都妖怪道中
京都に妖怪現る
262)五山送り火
御精霊さんを見送る火
263)花背の松上げ
祈りの火、燃え上がる
264)東大谷万灯会(大谷祖廟)
夜のお盆参りを見守るやさしい灯
265)出雲の阿国
歌舞伎の祖 阿国


花背松上げ 花背松上げ

愛宕信仰による献火祭りで有名なのが花背の松上げ
花背八桝町
で行われる勇壮なこの儀式に多くの人が集まる。

五穀豊穣、火除けを願うこの松上げ、21時になると花背松上げ保存会のメンバーが入場。
1つ1つ河川敷の松明に火を点けて回る。
やがて星のように辺りが照らされると鉦や太鼓が鳴らされ、
男達は自分の腰の地松(松明)に火をつけ、それをぐるぐると回し始める。

花背松上げ

それは玉入れの籠のように見える
高さ約20mもあるという檜柱につけられた竹の大笠に火をつけるためである。

花背松上げ

「うりゃ〜」「ほりゃほりゃ」男達の勇ましい掛け声共に光が大笠をめざして線を引く。

花背松上げ

やがて火が。大きな歓声が沸く。

花背松上げ

次々と投げ入れられる松明に柱は、やがて龍が天に昇るが如く炎をあげ崩れ落ちる。
大歓声のもと、今年の松上げも終わりを迎える。

FUJICOLORプリントおとどけ便


Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル【たびたの】 旅楽編集部 All Rights Reserved.
京都火祭り 花背の松上げ