京都旅楽【たびたの】

岩清水八満宮の一の鳥居に必ず目が留まる情緒溢れる茶屋がある。これが走井餅老舗
大津宿名物走井餅で有名な和菓子店である。


美味しいもの 京都

走井餅老舗

走井餅
走井餅老舗
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる

岩清水八満宮の一の鳥居に必ず目が留まる情緒溢れる茶屋がある。これが走井餅老舗
大津宿名物走井餅で有名な和菓子店である。

走井餅老舗の歴史は古く、創業は240年前大津にて。歌川広重の錦絵「東海道五十三次」にも描かれている。

岩清八幡宮の店舗は明治43年にオープンしたが、
大津の本店は道路拡張により閉店したため、現在はこの一店のみとなっている。


走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗

からからとガラス戸を引くと意外と広い店内。歴史ある看板が壁を飾る。
明るい陽が注ぐ大きな窓から庭を眺めながら、この走井餅を頂くこともできるが、この日はテイクアウト。
走井餅 5個入り630円を頂いた。注文してからできたてを詰めてくれるので少し時間がかかる。
中央にある大きな椅子に腰掛けてサービスのお茶を飲みながらのんびり待とう。

ところで、 この走井餅は少し変わった形をしている。餃子のような刀形なのだ。
これには由緒があり、創業者の井口市郎右衛門正勝の先祖、三条小鍛冶宗近が、
万葉から伝わる走井の名水で名剣を鍛えたという伝統にちなんで名刀の形とし、 その餅を走井餅と命名したとの事。

走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗

この名刀形が走井餅をより美味しいものにしている。
持てば形が崩れてしまいそうなほどやわらかく薄い餅の中に澄んだ上品なこし餡。
1、2口で餅と餡がバランスよくとろける。
もち米は江洲羽二重米、小豆は北海道産大納言、砂糖は白双糖、水はこの地の井戸水を使っているという。

走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗 走井餅老舗

どうしてこうも旨い餅があるのだろうとつくづく思う。岩清水八満宮参拝の折は、是非味わって欲しい。
※店内(走井餅と抹茶)550円 ※走井餅10ケ入り1200円 ※鳩ヶ峰ういろ 抹茶入り・白 各650円


おとりよせ●京都のおいしいもの一覧はこちら

美味しい豆餅のおとりよせ

杵つきねこ餅(棒餅) 豆杵つきねこ餅(棒餅) 豆 もっち餅 豆餅もっち餅 豆餅 なぜか売れてます??珍しいのかな?岡山特産豆餅 5合1本(切ってます)岡山産黒豆と米の入っ...岡山特産豆餅 豆餅(杵つき)豆餅(杵つき)

|  旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のお土産おとりよせ  |  京都目観光・美味もくじへ  |

走井餅老舗
走井餅

京都府八幡市八幡高坊19 石清水八幡宮表参道一の鳥居前
電話075−981−0154 営業時間8〜18時 ※月曜定休(祝日の場合翌日)



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル 京都和菓子 走井餅老舗