京都旅楽【たびたの】

今宮神社の名物といえばあぶり餅。今宮神社の東門前には老舗の一和かざりや

京都あぶり餅

一和
一文字屋和輔
一和 あぶり餅
京都旅楽TOPへ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


今宮神社
の名物といえばあぶり餅。参道には2軒のあぶり餅屋かざりや一和が並び、
どちらに入ろうか悩ましいところである。

一和 あぶり餅 一和 あぶり餅 

と、いってもどちらも美味しいので後はタイミング。


一和 あぶり餅 座敷 一和 あぶり餅 縁側

南側かざりやは江戸時代創業、400年を迎える

北側の一和(正式名 一文字屋和輔)の創業はなんと長保2年(1000)。

一和 あぶり餅 炭 一和 あぶり餅 きなこつけ

平安中期一条天皇の子が疫病を患った時、疫除けの願いを込めてあぶり餅を供えたのがはじまりだとか。

 一和 あぶり餅 一和 あぶり餅 炭


これ
より今宮神社へ参拝した際は、無病息災を祈りあぶり餅を食べる風習となったが、それは今も続いている。

一和 あぶり餅この日は、一和へ。炭が扇風機の風で赤くなっている脇に
大きなやかん。中では大きな台にきな粉が敷き詰められ、
3人のおばちゃんが餅をまぶして次々串にさしている。

笑顔のおばあちゃんに「中へどうぞ」と勧められ、
庭の見える和室へ。生憎の空模様なのに店内はいっぱいだ。
すぐに「おこしやす」の丁寧な挨拶で美味しいお茶が運ばれる。

一和のあぶり餅も15本500円。木の皿にのせられている。

かざりやと比べるとより手づくり感があり、小ぶりで芳ばしい。
白味噌のタレの違いはよく分からないが黒砂糖が入っているとのことで、ほどよく甘い。
それぞれ使用している白味噌は
異なるとのことだ。竹串だが、先が割れておらず、かつ、
手で裂いたように太さも不揃い。ささくれのように細く裂けた
竹が出ているのが少し気になった。


かざりやは竹串も含め丁寧で、洗練されたイメージ、
一和は竹串も含めて手づくり感溢れて、粗く素朴な感じ。


美味しさは変わらないので、後は好みであろう。
混雑が激しくなければ、一皿づつ一和とかざりやを
はしごして食べ比べてみるのもいいだろう。




■■京都の三大あぶり餅めぐり■■


かざりや あぶり餅 かざりや(今宮神社)

一和 あぶり餅 一和(今宮神社) 清涼寺 大文字屋 あぶり餅 大文字屋(清涼寺)



●京都の美味しいもの


|
 旅楽トラベルTOPへ | 京都のお土産おとりよせ | 京都の良い宿 | 京都みどころインデックス |

一和
あぶり餅

京都市北区紫野今宮町69
電話075−492−6852 営業時間10〜17時 ※水曜日  



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル  京都あぶり餅 一和