京都旅楽【たびたの】

寂光院は、594年聖徳太子が父用明天皇の菩提を弔うために建立された。携帯版旅楽へ

寂光院山門
寂光院

平家物語の世界が今に残る寺

京都旅楽その27

京都洛北
大原

京都旅楽詳細

寂光院
じゃっこういん

山号 清香山 玉泉寺
本尊 地蔵菩薩


寂光院山門

京都市左京区大原草生町 676
電話075ー744ー2545


拝観料金 大人500円

通常拝観時間
9〜17時

紅葉時期
11月上旬〜中旬

冬期拝観時間変更

H17年12月1日〜31日
9〜16時30分

H18年1月1日〜3日
10〜16時

H18年1月4日〜2月28日
9時〜16時30分


■ナビ■

市バス,京都バス「大原」→徒歩20分
名神高速京都東IC20km

寂光院 雪見灯籠 

雪見灯籠 
(本堂左前 )
豊臣秀吉家から寄進されたもの

寂光院 勅額

勅額 (本堂内陣正面)
豊臣秀頼によって寄進されたもの

■京都観光に便利な宿■

 ◎四条・烏丸・御池のホテル

御池付近から京阪で出町柳下車が便利

町家に泊まる一覧

■京都の美味■


●京都の美味しいものおとりよせ

■平家物語■
より深い旅を楽しむために
平家物語の旅
平家物語の旅

京都目的別もくじ

京都見所美味かんたん検索

京都きょう新聞(イベント情報)

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

141)大豊神社 紅葉名所
狛ねずみ鎮座する かわいらしい神社 
142)真如堂 紅葉名所
三重塔を埋める 赤や黄の海
真如堂の桜
三重塔に桜の雲たなびく
 
143)寂光院
平家物語の世界が今に残る寺
144)南禅寺 紅葉名所
絶景かな絶景かな 燃えるよな紅葉
145)水路閣 紅葉名所
アーチに映える 赤黄の紅葉 


寂光院


寂光院
は、594年聖徳太子が父用明天皇の菩提を弔うために建立された。

1185年に平清盛の娘である建礼門院徳子
は、壇ノ浦の合戦で安徳天皇を失くし、
安徳天皇と平家一門の冥福を祈るため出家した。

寂光院 寂光院 寂光院

寂光院本堂北庭は回遊式四方正面の庭で、奥には岩清水を引いた三段の滝が。
これは異なる音色が一つになるように作られたと言う、玉だれの泉

寂光院 汀(みぎわ)の池 寂光院 千年姫小松 寂光院 本堂

本堂は新しいが、これは平成12年に放火に遭い、再建したため。

この本堂右側には、の字を模した汀(みぎわ)の池があり、心字池と呼ばれている。
また、池の側には 千年姫小松と呼ばれる平家物語に記された古松がある。
しかしながら、放火により傷みが進み、現在は枯死したまま神気として残っている。

池のうきくさ 浪にただよい 錦をさらすかとあやまたる 
中嶋の松にかかれる藤なみの うら紫にさける色 (平家物語


寂光院 寂光院 寂光院

本堂下には諸行無常の鐘楼もあり、平家物語の世界を残している。

寂光院 寂光院 茶室 孤雲 

祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり(平家物語)

沙羅双樹の紅葉(10月下旬) 寂光院10月下旬の紅葉 試食用の漬物たち

門前には、柴漬けで有名な京漬物の翠月が。


しば漬けは、750年前高倉天皇の中宮健礼門院が寂光院に隠居された折、
村人がご高徳を慕い、紫蘇・茄子・瓜などの野菜を献上した。

これを喜んだ健礼門院は侍尼に命じて、塩漬けを作らせたところ、
大変妙味であったことから、
紫蘇と大原女の紫にちなんで「柴漬け」と名付けた。


柴漬けには、このような言い伝えがある。





Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル【たびたの】 旅楽編集部 All Rights Reserved.
京都の寺院  寂光院