京都旅楽【たびたの】

商人などの間で、10月20日に冠者殿社に参拝し 日頃商売でついた嘘や約束を反古にしてしまった事などを詫びると
罪は許され、神罰を免れるとされるようになった。


冠者殿社

誓文払いの神
冠者殿社

京都旅楽その52

京都神社
冠者殿社
English




冠者殿社
かんじゃどのしゃ

京都市四条通新京極


10/20 冠者殿社祭

商売繁盛の「冠者殿社の御神符」を
神前にて授与

誓文払い大福引
2008/10/20
10〜16時



■町家の宿■

京町家に泊まる

■四条河原町周辺のホテル■


京都セントラルイン


コープ・イン・京都


ホテルサンルート京都

京都目的別もくじ

旅楽もくじ 簡単検索&更新情報

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

266)高山彦九郎像
三条京阪の「土下座?」
267)近鉄名店街みやこみち
2008年10月リニューアルOPEN
268)藤袴プロジェクト
平安の都を彩る花広がれ!
269)冠者殿社
誓文払いの神
270)落柿舎
柿実る頃におこしやす




冠者殿社

八坂神社御旅所横にある冠者殿社。非常に面白い由緒がある。

源頼朝より遣わされた土佐坊昌俊は義経を欺き、
堀川邸を囲んだものの破れ、
命を落とすその時に、「忠義のために偽るものの罪を問わぬよう」願をかけたそうだ。
これが「誓文払い」の信仰を生むことに。

誓文払い

これが後に、商人などの間で、10月20日に冠者殿社に参拝し
日頃商売でついた嘘や約束を反古にしてしまった事などを詫びると
罪は許され、神罰を免れるとされるようになった。

更に誓文払いは花街にも派生し、客への偽りの恋文や嘘などを清めると
参拝が盛んになった。 参拝は無言で行わなければ願いは叶わないとされ、
無言詣」と呼ばれるように。現在では祇園祭の期間に行われている。

誓文払い

そして罪滅ぼしに特売を行う習慣がこの辺りではあったらしい。
現在そのような商人はいないと思うが、大福引という嬉しいイベントが残っている。

御旅町商店街では、
2008年10/10〜20 買い物1000円ごとに抽選券1枚進呈。
5枚で1回抽選。豪華商品が当たるかも。


Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル【たびたの】はほんまもんの京都観光案内情報サイトです。.
京都の神社・イベント 冠者殿社