京都旅楽【たびたの】

関東屋の創業は弘化4年(1847年)。160年を超す歴史を持つ味噌の老舗。関東屋忠兵衛氏が創業

美味しいもの 京都

御幸町 関東屋


味噌
御幸町 関東屋
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


味噌がなくなりそうだと家の者。松野醤油へ行こうという誘い(笑)であったが、生憎車は修理中。
いつも色々美味しいもの情報などを教えて下さる祇園の方が、
「関東屋さんは美味しいですよ」と仰られていたのを思い出し、御所南の関東屋へてくてく。

御幸町 関東屋

関東屋の創業は弘化4年(1847年)。160年を超す歴史を持つ味噌の老舗。関東屋忠兵衛氏が創業。
代々地下水と米糀を使用し、手作業にこだわった味噌作りをされていると言う。
ただし、一般に販売を始められたのはつい10年ほどの前の話で、
それまでは料亭や菓子店などへのみ販売されていたそうだ。

御幸町 関東屋 御幸町 関東屋 御幸町 関東屋

量り売りの味噌樽には天日塩仕込特別吟醸白味噌(1K 1500円ほど)から田舎味噌(1K 1000円ほど)まで
様々な種類の味噌が並ぶ。この他、おかきや、フルーツがミックスされたオリジナル味噌も並ぶ。

祇園の方は、毎年正月に関東屋の白味噌を頂くそうで、あまりにおいしそうな吟醸白味噌を見て悩んだが、
まずは普段の味噌を試してみようと、田舎味噌(濾し)を1キロ頂いた。

まろやかな上品な味わいで美味しい味噌汁が出来上がった。

味を確かめた家の者は、10〜3月までの限定発売豚汁とんとん味噌が気になったらしく、早速買い足しに出かけた。
豚汁によく合う味噌だそうで500g500円。

関東屋の一番人気はやはりしろ味噌だそうだ。
京風のお雑煮をご希望の方、少量生産ながら地方発送もしてくれるそうなので、まずはお問合せを。

年末年始の休み 平成20年12月31日(水) 〜平成21年1月5日(月)



おとりよせ●京都のおいしいもの

おいしい味噌のおとりよせ。

全国6種類の味噌お試しセット 日田醤油天皇献上の栄誉賜る老舗の味  中辛 八丁味噌

関東屋
味噌

京都市中京区御幸町通夷川上ル松本町582
電話075−231−1728 営業時間9〜18時 日、祝、第三土曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル京都老舗の味 京都味噌 御幸町 関東屋
 紹介記事です。