京都旅楽【たびたの】

北野天満宮は
947年、鎮護国家のため、雷神を祀って創建された。

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」
学問に秀でた道真にあやかって、いつしか「学問の神」として崇拝されるようになった。
北野天満宮

菅原道真ゆかりの梅咲き誇る学問の社
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる
66)上七軒の夕暮れ
天神さんの門前 京都最古の花街
上七軒 梅花祭の日
賑やかな京都最古の花街
上七軒 都ライト
京都最古の花街を照らす灯
67)五条大橋
弁慶と牛若丸伝説の橋
68)渡月橋 冬
水墨画の世界
69)北野天満宮
菅原道真ゆかりの梅咲き誇る学問の社

大福梅の土用干し 夏の風物詩
大福梅 
梅花祭  匂いおこせよ 梅の花
梅  苑  満開の梅、梅
立ち牛   天神さん唯一の立っている牛
御誕辰祭 大茅の輪くぐり 夏越天神
伴氏社 菅公の母を祀った三珍鳥居の社
ずいき祭 秋を告げる 天神さんの祭
ずいき祭2 秋を告げる 天神さんの祭
もみじ苑 北野天満宮紅葉
70)京都御苑の桜
桜の御所満開
京都御所猿ケ辻
 
→鬼門を守るお猿さん
京都御所
安政御造営150年記念一般公開
京都御苑 近衛家の邸宅周辺
桜の御所満開
厳島神社(京都御苑)
御苑に佇む風流な三珍鳥居 
京都御苑 学習院跡の桜松
横たわった松に咲く桜
京都目的別もくじ

京都見所美味かんたん検索

京都きょう新聞(イベント情報)

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外



北野天満宮
きたのてんまんぐう

京都市上京区馬喰町
夏期 5〜18時
冬期 5時30分〜17時30分
電話 075−461−0005

■梅苑公開

2月初旬〜3月初旬 (10〜16時)
有料 (茶菓子付) 大人 500円 


■天神さんの縁日

毎月25日に縁日が行われるが、
特に年初めの初天神、年末の終い天神は
多くの人でにぎわう。

・初天神1/25 ・終い天神 12/25

■節分祭・追儺式 2/3

一年の無病息災、招福を祈願。
10時から本殿にて節分祭を斎行、
社頭では災難厄除けのお札・お守り・
銀幣が特別授与される。
(9時〜夕刻まで)

■梅花祭 2/25

菅原道真の命日に梅花祭が行われる。
上七軒の芸妓・舞妓が野点を行う。


手のひらに収まる小さな神牛
破壊された小さな牛

■ナビ■


京福北野線 北野白梅町→徒歩5分
50 ・101系統市バス北野天満宮前→すぐ

■北野天満宮に便利な宿■

町家に泊まる一覧

妙心寺のホテルだと京福北野線が
利用できて便利です。
また、嵐山方面からも京福北野線が
利用できるので便利です。
※シーズンは渋滞のためバスの移動が
かなり大変な場合があります。

宿ぷらざ→京都妙心寺 花園会館

じゃらん→ 京都妙心寺 花園会館

JTB→京都妙心寺 花園会館

★JR京都駅より便利なホテル

北野天満宮より徒歩6分の宿

京のやど 卯乃花京のやど 卯乃花


北野天満宮鳥居 年末の北野天満宮前

北野天満宮は
947年、鎮護国家のため、雷神を祀って創建された。


影向松 初雪の日に御祭神がこの松に降り歌を詠んだという 
廊下

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」
平安時代の文章博士菅原道真が、無実の罪で大宰府へ左遷される時に詠んだ句だが、

結局道真の潔白は証明されないまま失意のまま死に至る。

三光門 雪の三光門

彼の死後、京の町では天災や疫病が相次ぎ、
ついに清涼殿に落雷、死者まで出たことから「道真の祟りでは・・」の噂がたった。

三光門。梁間に日輪・月・三日月が彫刻されている 社殿(国宝)権現造

そこで道真の霊を鎮めるため、この北野天満宮に社殿を造り祀った。
現在この社殿(1607年再建)は国宝に指定されている。
また、北野天満宮は、 全国天神宮・天神社の総祠となっている。
灯ろう 北野天満宮

学問に秀でた道真にあやかって、いつしか「学問の神」として崇拝されるようになった。
梅の花が咲きほころぶ頃、参拝する学生の姿がより目立つようになる。

大福梅(おおふくうめ)の授与

授与:12月13日 8時30分〜 (※なくなりしだい終了)

正月縁起物 大福梅 大福梅と裏白

6月中旬頃
神職・巫女・崇敬奉仕者が総がかりで梅苑の梅3万トンを採取、
7 月中旬から8月下旬にかけて天日干しをし、干しあがった梅に塩をまぶした上で、
11 月下旬まで樽に貯蔵する。


北野天満宮

2008年悲しい事件。心無い者が手に乗るくらい小さな牛を破壊してしまった。
のっていた台座が悲しげに残っている。




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】 京都観光情報 北野天満宮