京都旅楽【たびたの】

錦小路から堺町通を上ル 町家イタリアン イ・ラティーニ
京都町家ランチ・イタリアン
i latini

イ・ラティーニ


イ・ラティーニ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


錦市場より堺町通には人気の店が並ぶ。紫野和久傳、老舗喫茶イノダコーヒ本店、和菓子の亀屋則克
ケーキのオ・グルニエドール、京とうふ藤野のこんなもんじゃ、麩専門店麩嘉、うどんなどの冨美家・・・。


オ・グルニエドールの料理教室エスパスキンゾーの入っている冨美家北ビル2Fには7月10日(予定)に
グルニエドールのサロンがOPENする。本店が現在改装中、この2Fにテイクアウトショップが移ってきているため、
このビルを訪ねる人が多くなっている。ちょうどこの隣ビルの立派な町家がイタリアンのイ・ラティーニである。
大きなイタリア国旗が目印だ。

イ・ラティーニ

実は堺町通はイタリア料理店のメッカである。
京町家レストランの発起人河上シェフの店、あるとたれんとタントタントも堺町にある。
つい最近和ダイニング風香になったがロビンソン系列のGrill di Italian Butterflyも町家イタリアンだった。
何故かあちらこちらにイタリア国旗がはためいていて少し不思議な感。

「 町家を活かして欲しい」という依頼があって、その声に応えたという話を聞いたかとがあるが真相はどうなんだろう。
とにかく町家イタリアンを楽しみたい方は、錦小路から堺町通を上がるといい。


前説が長くなったが、町家イタリアン イ・ラティーニはいつお邪魔しても気持ちよく過ごせる店である。
1Fはカウンターの部屋から2F、そして中庭を通って奥の部屋があるというかつて法衣店だったとても大きな町家。
70席有り、ウェディングなどにも対応してくれる。

情緒たっぷりの店内は、テーブル間もゆったりとしており、一人でも気兼ねなく過ごすことができる。
ある日、女性のお一人様が中庭に面した席を「どうぞ」とすすめられ、 「一人なのにいいんですか?」と感激していた。
通常でもスタッフの笑顔、気配り、共に素晴らしく、いつも教育がよく行き届いていると感じる。

料理が美味しいのはもちろんだが、ちょくちょくイ・ラティーニに足を運ぶのは実はこの点が大きいのかもしれない。

イ・ラティーニ イ・ラティーニ

さて、今日はお料理のセットを注文。メイン、サラダ、スープ、自家製パン(お替わりOK)がついて1600円。
平日だとパスタセット(パンとサラダ付き)850円もあるのだが、土日祝はセットかコースもしくはアラカルトになる。


 イ・ラティーニ イ・ラティーニ

今日のスープはコーンポタージュ。さらりとした上品な味わい。
スープが美味しいとそれだけで幸せな気持ちになるものだ。
そしてあつあつの一口タイプの自家製パン。ハーブの香りがする。
感激するのがサラダ。数種の惣菜と共に食感良く切られたキャベツなどがビネガーの
風味豊かなドレッシングと和えてある。

イ・ラティーニ イ・ラティーニ

メインは茄子とチーズのピッツアとブロッコリーとベーコンのトマトソースパスタ。

複数で別々のメインを頼み取り分ければ、それぞれの味を楽しむことができる。
焼き立て、生地がもっちりとしたピッツアと具沢山のパスタ、どちらも満足度高し。

ちょっと値段が高めなのが痛いが、平日なら驚くほどリーズナブルに利用できるので、
時間のある方は平日に行くといい。
平日のランチ、ディナーの情報はまた後日。



イ・ラティーニのディナー情報を追加しました。
2008.10



イラティーニのディナー イラティーニのディナー

今日は仕事仲間と。2階の奥、京間をそのまま改装したという席に案内された。
18時ちょっとすぎの早い時間と言うのもあるだろうが、しばし我々のみの貸切、贅沢な時間となった。
お願いしておいたのは、Aコース3800円。

 イラティーニのディナー イラティーニのディナー

最近年のせいか、あまり多くは食べられないようになってきた。パスタとメインがあるコースは多いくらいだ。
(Bコース 4800円 前菜に一品プラス、魚または肉料理で後は同様、Cコース メイン二つ後はBと同様)

・本日の前菜 ・パスタ ・おすすめの料理 ・デザート ・コーヒー。
おすすめ料理は魚、肉から当日チョイスできるが、テーブルで同一のものをという事だった。

イラティーニのディナー  イラティーニのディナー

まずは、白ワインで乾杯。
前菜は魚介のサラダ。パスタはブロッコリーときのこのクリームパスタ、メインはポーク。
焼きたての自家製パンと共に味わう。丁寧な料理を前に、とんとんと話は加速。

 イラティーニのディナー イラティーニのディナー

何よりもライトダウンした雰囲気と落ち着いた町家の空間がいい。
東京から来た仲間は何度も「ここ、雰囲気いいねえ、いいねえ」を繰り返した。

デザートの盛り合わせに舌鼓をうった頃、さすがに「ここまで貸切も申し訳ないね」 という話題になった。
すると女性のグループががやがやと堺町通側の席に案内されてきたので、ちょっとほっとした。

イラティーニのディナー イラティーニのディナー

そしてエスプレッソを。砂糖をたっぷり入れて、気兼ねなく話に花を咲かせた。
京町家でイタリアン、とても京都らしいのではないかと思う。遠くの友人を連れてディナーにいかがだろうか。



イ・ラティーニが閉店移転 
2009.9





9月の秋も深まってきた頃、いつも通っている堺町通のイ・ラティーニを見ると何か違和感がある。
そういえばトレードマークのイタリア国旗も無いし、心なしか中もがらんとして坪庭が見えている。
おや、と思って近づくと同じく「堺町の三条に移転」するとの張り紙。

かなりのショックである。料理は再度味わえるとしても、この町家の雰囲気が好きだった。
ここは100年ほど歴史を重ねた法衣店をリノベーションしたとても美しい町屋店舗であった。
もう一度ここでイ・ラティーニの食事を頂きたかったなと後悔。
次はどんな店が入るのだろう。最近京都のイタリアンは飽和状態なので、他のジャンルなら嬉しいが・・。

三条のどこに移転するのか、見てもよく分からないが、近い内に紹介できると思う。
移転OPENまでは姉妹店のあるとれたんとを利用してとの事。
その際にデザートのサービスがあるようなので、スタッフに声をかけて欲しいとのこと。




イ・ラティーニが閉店移転後、サロン・ド・テ オグルニエドールになりました 
2010.9



サロン・ド・テ オグルニエ・ドール
の記事へ

京都市中京区堺町通錦小路上ル519−2 冨美家北ビル 2Fより下記へ移転
京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町519−1
電話075−468−8625 営業時間 11:00〜19:00 ※木曜定休


オ・グルニエ・ドール
(テイクアウト)の記事へ

京都市中京区堺町通錦小路上ル527−1
電話 075−213−7782 営業時間11:00〜19:00 ※第2火曜(不定)・水曜定休



●京都の美味しいもの

i latini
イ・ラティーニ
イタリアン

京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町519−1
電話075−212−1052 ※火曜定休
営業時間 ランチ 11〜15時 ディナー 17〜23時(L.O22時) カフェ 11:30〜23時 



京都関西グルメ本Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都町家イタリアン イ・ラティーニ