京都旅楽【たびたの】

東洞院三条下ルロールケーキのフロール、タルトや焼菓子が人気のミディ・アプレミディ
京都タルト・焼菓子

Midi Apres−midi
ミディアプレミディ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


東洞院三条下ル、タルトや焼菓子が人気のミディアプレミディ
1ヶ月以上待たないと手に入らないロールケーキ フロール(1本2940円)の店としてご存知の方も多いだろう。

ミディアプレミディ

パティシエール津田陽子さんが作られた店で、愛情を込めた洋菓子作りをされている彼女のやさしさがあふれる店である。
2005年仏光寺通富小路からこちらに移転されて来た。嬉しいご近所の一軒。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

ミディアプレミディには、毎日10種類以上のたタルトフィユテが並ぶが、
日替わりの量り売りクッキーがあるのをご存知だろうか?
彼女の著書さくさくクッキーが語っているようにさくさくのやさしい味のするサブレである。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

後々全種類をご紹介したいと思うが、今日は金曜日の味 ディアマン・ココ
ココナツとバニラの丸い香りよいサブレで、表面のザラメが懐かしさをそそる。
さくっとかじれば厚みのあるサブレがほろりと崩れ、時々ココナツの少しだけ固い食感があるのが心地いい。

ちなみに火曜日はエスプレッソ(ほろ苦いコーヒー風味)、水曜日は京の石畳(黒ゴマの入ったかりっとしたサブレ)、
木曜日はマーブル(バニラとショコラ風味)、金曜日が上記のディアマン・ココ
土曜日がパン・オンザマンド(アーモンドとシナモン風味) 、日曜日が紅茶(ヘーゼルナッツとアールグレイ)というラインナップ。
平日は100g550円(20枚ほど)
、土日は80gになる。 お好きなフレバーの日にどうぞ。

※店内画像撮影禁止なので、概観のみの紹介です。




※プライスは変更されている場合があります



サブレはいずれも550円。

ミディアプレミディ 金曜日のサブレ ミディアプレミディ 京の石畳(サブレ)  ミディアプレミディ 紅茶(サブレ)



フィユテは550円。ガレット・タルトはいずれも490円。

ミディアプレミディ
 かぼちゃのフィユテ  ミディアプレミディ くるみのガレット ミディアプレミディ パヴェ8畳



ミディアプレミディ アーモンドのタルト   ミディアプレミディ りんごのタルト  
ミディアプレミディ おばあちゃまのタルト



ミディアプレミディ タルトリンッア   ミディアプレミディ チェリーのタルト ミディアプレミディ 木の実のタルト



ミディアプレミディ 洋梨のタルト     ミディアプレミディ 田舎りんごのタルト



ミディアプレミディの新メニュー&日曜日のサブレ情報を追加しました。2008.2



火曜日のサブレがエスプレッソからディアマン・ショコラに変わり、火曜、日曜が80gになりました。



ミディアプレミディの日曜日のサブレ 紅茶の情報を追加しました2008.2



我が家に客人がやってくるとミディアプレミディのケイク(タルト)がテーブルに上がることが多い。
また、 手土産で頂いたりということもある。はミディアプレミディ近所では、年齢を問わず人気があるケイク店。
特に日替わりのサブレはおもたせに人気で、店にお邪魔すると、誰かが買い求めている現場に遭遇する。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ ミディアプレミディ

さて、日曜日は個人的に気に入っている紅茶のサブレ販売日。
アールグレイの茶葉と歯ざわりの良いヘーゼルナッツが練りこまれた少し厚めの長方形のサブレ。
この日は80グラム、18枚ほど。

表面に砂糖がついており、じゃりっとした後、固めサブレのさっくりした食感が楽しめる。
アールグレイの商品はえてして、その香りが強烈な印象を与えるものが多いが、
ミディアプレミディの紅茶のサブレは、これだけの茶葉が見えているにも関わらず、ほんのりと香る程度で、
バターの香りが殺されておらず、ナッツ、生地の素朴な風味がうまい具合に味わえるようになっている。
甘さも控えめな、紅茶にぴったりのサブレだ。

ただ、休日は平日より更に客が多いので、紅茶のサブレ発売日は、平日だったらなあと思う。
確実に欲しい方は、早めの来店、もしくは予約取りおきをおすすめする。



ミディアプレミディのしっとり焼き菓子(パヴェ)八畳(四畳半)の
情報を追加しました。
2008.2.13



明日はバレンタインデー。「1日早いけれど」と嬉しいものを頂戴した。


ミディアプレミディ ミディアプレミディ

ミディアプレミディのしっとり焼き菓子(パヴェ)を集めた八畳。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

何故八畳かと言えば正方形の上品な箱に、パヴェがまるで畳の様に収められていて、
一畳に見立てた菓子が八つで八畳、4.5個で四畳半とのこと。
なんとも和を感じさせる洒落たネーミングだ。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

パヴェは全部で5種類。
オレンジピールの香る「ミモザ」、シナモン風味のりんごの甘煮「ポム」、ラムレーズン入の「メイプル」、
チョコレートベースの「いちじく」、ラズベリージャムとスパイスの「リンツッア」。
どれも美味しそうである。(感想はまた後日紹介します)

野暮ながら、「これ、いくら位なん?」と聞くと3000円くらいとのこと。
チョコ嫌いの男性諸君へ、またホワイトデーのお返しに、なかなか良いのではないだろうか。
日持ちは1週間程度。毎日にんまりと頂くことにしよう。




ミディアプレミディの水曜日のサブレ 京の石畳をUPしました。2008.3.



ミディアプレミディ
には、日替わりの 量り売りサブレがある。水曜日は「京の石畳」
固めのスクエアのサブレで、中にはたっぷりと黒胡麻が入れ込まれている。
かりっと食べればじんわりと黒胡麻の味わいが浸みてくる。
そう、昔からある菓子アスパラのような風味である。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ ミディアプレミディ

もちろん美味しいのだが、このサブレを見ているとネーミングの旨さに感心する。
まさに石畳なのだ。おもわず薄くて固いサブレを並べてみたりして。ほんまに石畳そのものである。

水曜日にお越しの方、京の石畳はお土産にもいいのではないだろうか。
100g550円



ミディアプレミディのタルトの情報を追加しました。2008.10.



ミディアプレミディ
の看板商品はタルトである。頂く機会が多いものの中々UPできずにいた。
今回はまとめてご紹介を。


ミディアプレミディ

タルトに添えられているカードには
「タルトは大人のおやつ―焼きたてを楽しみながら気軽に頬張ってください」とある。
実際頬張るのは、ぼろぼろこぼれるのでちょっと難しいのだが(笑)。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

 ミディアプレミディ ミディアプレミディ

りんごのタルトアーモンドのタルト木の実のタルト。490円。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

かぼちゃのフィユテ 。フィユテとはパイ生地のケーキでバターの風味が濃い焼き菓子。

 ミディアプレミディ ミディアプレミディ

トーストで少し温めると美味しいですよとの説明書き。半分はそのまま、半分は温めて試してみた。
どちらも美味しいが、そのまま頂く方がかぼちゃぷりんの味わいで個人的には好きだ。
フィユテはタルトより少し高い550円。くるみのガレッド490円。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

シナモンが薫るタルトリンツァ、ちょこんとのせられたドライチェリーがかわいらしいチェリーのタルト
ネーミングが面白い杏などのドライフルーツがぐっしり詰められた おばあちゃまのタルト、 いずれも490円。

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

ほろりとさくりと心地よくほどける口当たりがいい。後は好みに合わせて選択を。
この他 栗やさつまいもを使用したタルトも登場している。新作の話題はまた後で。



ミディ・アプレミディ フロールの情報を追加しました。2009.8



ミディ・アプレミディの前を通ると改装工事をしている。すぐに終わるんだろうかと気にかけていると
この工事と一緒に夏休みに入っているようだ。2009年8月11日(火)まで。

ミディアプレミディ

また、ミディ・アプレミディ人気のロールケーキ、フロールの販売は、対面オンリーとなった。
まず、店舗での販売は毎月1日より一人2本まで。限定数に達した時点で終了。
通販は受け取り拒否や忘れる方がいるため中止に。せっかく作った菓子が無駄になるのは悲しいもの。
それも至極当然かと思われる。

ミディアプレミディ

この他、高島屋京都店の商品としてミディ・アプレミディのついたちロールが毎月販売される事に。
予約は毎月1日地下のヨックモック売り場にて。翌月1日の店頭渡し用のフロール2種、3360円、50箱限り。
予約は高島屋京都店ヨックモック売り場のみ。電話ではないのでご注意を。



ミディ・アプレミディ  タルト情報を追加しました。2011.4



突然食べたくなるもの。それがミディ・アプレミディのタルトかもしれない。
覗くと店内も空いている様だし、丁度沢山のタルトが揃っているようだ。

ミディ・アプレミディ【京都タルトケーキ】

目新しいものをチョイスしてみる。5色豆のタルト。
まるで小さなタイルをはめ込んだかのような賑やかさ。
ねっとり系の飴が上にかかっており、かなり甘い印象。
この甘さが無い方が豆の味をストレートに感じられて良いかもと思う。

ミディ・アプレミディ【京都タルトケーキ】

オレンジのタルト。これはお気に入りになりそうだ。
さっくりとした甘いタルトとオレンジの甘酸っぱい爽やかさの相性がいい。
見た目も明るく元気の出るタルトである。



ミディ・アプレミディ  タルト情報を追加しました。2012.3



ホワイトデーにミディ・アプレミディーのタルトを購入し、自分もお裾分けに預かってしまう図々しさ(笑)。
一時カフェサロンがクローズしていたが、また復活したようで、昼過ぎからカフェができるとの張り紙。
又、予約販売のみだったフロールの販売を中止し、このサロンで頂ける様にしたそうだ。それはいい!

ミディアプレミディ ミディアプレミディ

洋梨のタルトと田舎りんごのタルト。とろりととろけるほどの洋梨の食感が爽やか。
田舎りんごは薄くスライスして煮込まれたりんごが重ね焼かれていて、特に皮の食感が甘酸っぱくて良かったそうだ。
変わら無い、ほろほろとほどけていくタルトの口どけとサクサク感。
やはりミディ・アプレミディのタルトは惚れ惚れする美味しさだ。



●京都の美味しいもの


|  旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のお土産おとりよせ  |  京都目的別もくじへ  |

ミディ・アプレミディ
タルト・焼菓子

京都市中京区東洞院三条下ル西 
電話075−212−4977 営業時間11〜19時 ※月曜定休

※カフェスペース併設   



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】 京都美味ケーキ ミディ・アプレミディ