京都旅楽【たびたの】

路地裏にある隠れ家サロンドテ エムエスアッシュ(m.s.h)

京都ケーキ・カフェ

PATISSERIE Salon de the m.s.h
エムエスアッシュ

サロンドテ・ケーキ

エムエスアッシュ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


御所南エリアには隠れ家的なちょっといい店が点在している。
msh(エムエスアッシュ)は何度訪れてもうっかり通り過ぎてしまいそうな路地裏のサロン・ド・テ。
目印の赤い看板を探すというよりは、最近OPENした夜のサラサmangeを目指すといい。
ちょうど町家の脇の細い路地がエムエスアッシュ(m.s.h)である。
OPENは2006年と比較的新しい。

エムエスアッシュ

壁も鉄格子のドアも白く塗られているせいか、京都のろーじというよりは、サントリーニ島の雰囲気である。

エムエスアッシュ エムエスアッシュ

石畳の模様もかわいらしいので、じっくり眺めて欲しい。

 エムエスアッシュ エムエスアッシュ

路地の先にはお洒落なサロン・ド・テ。正面がケーキ販売、ガーデンテラス、
横と2階の部屋がイートインスペースになっている。

エムエスアッシュ

まるで宝石のようなケーキがショーケースに並ぶ。大体のケーキは500円くらい。

エムエスアッシュ エムエスアッシュ

さて、こちらの名物は生麩が入ったロールケーキ。1本売りとバラ売りがあるので、
麩屋ロール(393円/1本1180円)とよもぎ麩ロール(425円/1本1295円)を。

それにガトーショコラ399円、シュー・アラ・クレーム252円を注文。

 エムエスアッシュ エムエスアッシュ

シュークリームはエクレアのような概観で粘着質のカスタードと生クリーム。生クリームの割合が多いので、
少しくどさを感じるかもしれない。個人的にはもっと固めの皮とカスタードの割合が多いシュークリームが好み。

エムエスアッシュ エムエスアッシュ

さて、看板の麩屋ロールよもぎ麩ロール。スポンジのきめ細かさも生クリームのたっぷり具合も程よいのだが、
実は肝心の麩が浮いている。粟麩は麩嘉のもので、これだけで美味。
それ故に主張が強すぎてロールケーキの中に溶け込んでくれていないように感じるのだ。
それぞれ別に食べたいと思ってしまう。フルーツがやがて口の中でクリームと共にとろけていくのとは異なり、
麩の存在感がいつまでも消えてくれないのだ。

これらのロールケーキは、エムエスアッシュの所在地 麩屋を頂いたスイーツなので期待したのだが、
個人的には少し残念感あり。しかしながら、これは人によって好みが分かれるところだ。

見た目も華やかなガトーショコラ。ビターなチョコレートがぎっしりと濃縮されたスポンジ。
ショコラクリームがサンドされた大人味のケーキ。

この他フルーツを使用したムースや、かぼちゃのタルト(タルト・オ・ポティロン)、シブーストなどもあった。
次回はそちらを頂いてみたいと思う。



●京都の美味しいもの

エム・エス・アッシュ  m.s.h
パティスリー サロン・ド・テ

京都市中京区押小路通麩屋町西入ル橘町630
電話075−212−5388 営業時間11〜20時  ※木曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都の美味ケーキ エム・エス・アッシュ m.s.h