京都旅楽【たびたの】
丸井の裏手の路地を入るとぷーんと紫蘇のよい匂いが鼻をくすぐる。これが京漬物の村上重本店

京都漬物

村上重本店
版画が美しい手提げ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


阪急百貨店の裏手の路地を入るとぷーんと紫蘇のいい匂いが鼻をくすぐる。
重厚で立派な町家にかかるのは、マルに十の暖簾。

村上重本店概観 村上重本店のしば漬

これが京漬物、特に千枚漬しば漬で有名な村上重本店
1832年(天保3年)創業、170年以上続く老舗で、この路地にいる人のほとんどが村上重本店へ吸い込まれていく。

京高菜 シックな包装紙

生しば漬、幻の茄子と称される山科茄子生しば漬、茄子や生姜を赤紫蘇で
漬け込んだ しば漬、新鮮な
胡瓜と丸ごとの茗荷を青しばで漬けた目にも爽やかな緑の京高瀬など。

季節や好みに合わせて様々なしば漬けを選ぶことができる。
村上重本店のしば漬けは他に比べて酸味が良く利いており、
野菜の食感が強く食べ応えがあるように思う。

すぐきばかりが取り上げられるが、しば漬け乳酸発酵法にこだわった
健康に良い食品である。独自の製法により1年中求めることができるが、
時期に合わせて味加減を調整するというこだわりの漬物。

さて、今や大ブームとなったすぐきの販売だが期間は12月〜3月くらい、千枚漬は11月〜2月頃まで。
この他にも様々な季節限定の漬物が店頭に並ぶ。
「季節のものはあるべき季節においしく」という姿勢を頑なに貫いているのがいい。

ところで、京漬物はそれぞれに強い好みも贔屓もあるので、あくまで個人の意見として書かせて頂いた。
京都には沢山の漬物店がある。色々と試して、 自分のナンバーワンを是非見つけて欲しい。




おとりよせ●京都のおいしいもの

村上重本店
京漬物 佃煮

京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町190 
電話075−351−1737 営業時間9〜19時(土・日曜、祝日は〜19時30分)
 ※不定休


京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都漬物 村上重本店