京都旅楽【たびたの】

心と身体にやさしいひるめしの店 なかがわ

美味しいもの 京都

京都Macrobiotic Style
なかがわ

玄米菜食・料理教室
マクロビなかがわ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


京都のおばんざいとマクロビオティックの優しい出会い」を看板に掲げられている玄米菜食の店なかがわ。
実はずっと振られ続けていた(笑)。1度目は2人で伺ったのだが、1食分しか残っていなくて涙をのんだ。
2度目は臨時定休日だった。3度目の正直。今日もだめなら縁が無いのかなと思っていたが、
嬉しい事にやっとなかがわひるめしに出会えた。

マクロビなかがわ

市役所方面からは御池通を東へ、御池大橋を渡り川端通りを上る。仁王門通を東へ。
すぐ右手にある小さな小さな店。街並みに溶け込んでいるので、うっかり通り過ぎないように注意。
ひるめしという看板が目印になるだろう。

マクロビなかがわ マクロビなかがわ マクロビなかがわ マクロビなかがわ

京のおばんざいとマクロビオティックの優しい出会いがテーマのひるめしは1500円。
決して安くはないけれども身体にひとときの贅沢を。カウンターと小さなテーブルに、大テーブルがある居心地の良い店内。
2人がけのテーブルの脇には大きな本棚が有り、情報誌から料理の本まで並んでいる。
お一人様でもリラックスできるであろう。

むそう塾と言う大胆な習字の看板が飛び込んでくるが、
なかがわのご主人は「むそう塾」という教室を定期的開き、マクロビオティック料理の指導をされている。

心と身体の健康を求めて、また、ご主人の人柄に引かれて入塾されている人が多いと聞く。
そうやってここで覚えた料理を各人が家庭で実践し、家族が美味しく健康的な料理を食し元気に過ごす。
なんて素晴らしい事だろう。

マクロビなかがわ

さて、しばし後、ひるめしが運ばれてきた。ご主人はやさしい笑顔で、テーブルの胡麻もどうぞと言う。
一口玄米を頂いて、その後胡麻をふりかける。

メインの大皿にはひじきやだいこん、てんぺ、いんげんなどの惣菜。常時7種類くらい出されるそうだ。
食品添加物に慣れた舌には驚くほどの薄味。玄米を良くかみながら味わっているとふと昔を思い出す。

祖母の作った野菜の味。その頃は美味しいとは思わなかったが、野菜の味はこんな風だった。
ゆっくりゆっくり頂くと、素材の本来の風味がずくっと顔を出す。

小皿にはもずく酢。味噌汁はおあげさんともやし。それに酸味のあるつけもの。

カウンターでは女性2人が健康について熱心に話している。
なかがわでは、普段忘れかけているものを思い出す。
本当に大切なものは、忙しさと便利の中で消えてしまいそうになる。

給料日後でなければ食べられないひるめしだけれど、月に1度、お邪魔できたらいいなと思っている。

※現在の京都Macrobiotic Style なかがわは3/30で営業終了、
店内改装後4/29にリニューアルオープン予定。




 2009/4/29 なかがわリニューアルOPEN



リニューアルOPEN前日なかがわの前を通りかかると「むそう塾」のロゴも美しい店舗が。



リニューアル後のランチ営業は木金土のみ。日月は料理教室(むそう塾)が行われるそう。



■京都の自然食&オーガニック■■

Momi Cafe精進ごはんランチ Mimo Cafe(精進ランチ)京都嵯峨野  アースガーデン(自然食)京都美山
びお亭 日替わり びお亭(自然食)京都烏丸 はーべすとのおばんざい はーべすと(自然食)阪急河原町
穀菜健美Cafe 穀菜健美Cafe(自然食)京阪三条  ジョイフル文蛾(京野菜料理)京都烏丸
 宙宙(自然食)元田中 五穀米のとろろごはんランチ おからはうす(自然食)妙心寺




おとりよせ ●京都のおいしいもの

マクロビケーキおとりよせ

マクロビ対応の自然食ケーキ 自然食ケーキ(かぼちゃ) 自然食ケーキ(りんご)
京都マクロビオティックスタイル
なかがわ

自然食ランチ・料理教室

京都市左京区孫橋町18
電話075−751−1661 営業時間11:30〜15:00 ※火曜定休
※ランチ営業は木金土のみ ※日月は料理教室(むそう塾)




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル 京都オーガニック(自然食) なかがわのランチの情報です。