京都旅楽【たびたの】

門の脇から見える柿の木が招く落柿舎は俳人向井去来の結んだ草庵

落柿舎

柿実る頃においでやす
落柿舎

京都旅楽その52

京都嵯峨野
落柿舎
English

落柿舎

のどかな田舎風景が広がる嵯峨野

落柿舎

畑の向こうに見える茅葺の家は落柿舎である。

落柿舎

門の脇から見える柿の木が招く落柿舎は俳人向井去来の結んだ草庵。


落柿舎

向井去来とは松尾芭蕉のもっとも信頼を受けていた弟子である。
去来はこの草庵を「落柿舎」と名付けたが、それにはこんなエピソードが残る。

その昔数十本あった木にたわわに実った柿を通りすがりの商人が買い求め、
翌日取りに来たところ、夜に嵐になりすべて柿は地に落ちてしまったていた。
この様子を見て去来は草庵を「落柿舎」と名付けたそうだ。

「柿ぬしや梢はちかきあらし山 去来」

元禄4年、去来を訪ねた芭蕉がここで「嵯峨日記」を記したと伝わる。

落柿舎  落柿舎 落柿舎

落柿舎の入口にかかる蓑と笠は庵主の在庵を示すもの。
この蓑と笠を門から覗いて、気軽に人々が訪れたことが想像される。

落柿舎

庵内は傷みがひどく、現在立入りは不可であるが、室内の様子は見ることができるし、
縁側に腰掛けてひとときを過ごすことができる。



この小さな草庵を訪れるなら、やはり柿が実る頃。
あちらこちらに飾られた柿に去来の思いを馳せたい。




落柿舎
らくししゃ

京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20

電話075−881−1953

入園料 200円

入園時間

9 〜17時※1月、2月は10〜16時

休日 12/31、1/1

落柿舎

園内には投句箱が

投句された句は選句され、
入選句すると季刊誌「落柿舎」に掲載。
自宅にも郵送されるそうなので、
是非ここで一句を。

落柿舎

芭蕉「嵯峨日記」の最尾の句

五月雨や色紙へぎたる壁の跡

落柿舎

鹿脅し

落柿舎
去来が迎えてくれそうな本庵。
ひょうたんの透かし窓が美しい。



■ナビ■

・JR嵯峨嵐山駅→徒歩15分

・阪急嵐山駅→徒歩約30分

・市バス・京都バス
嵯峨小学校前下車→徒歩約10分

■町家の宿■

京町家に泊まる

■嵐山嵯峨野周辺の宿■

嵐山嵯峨野の宿一覧

落柿舎に便利な宿


嵯峨 一休


京都 嵐山温泉 渡月亭



ホテル嵐亭


旅亭 嵐月

京都目的別もくじ

旅楽もくじ 簡単検索&更新情報

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外

266)高山彦九郎像
三条京阪の「土下座?」
267)近鉄名店街みやこみち
2008年10月リニューアルOPEN
268)藤袴プロジェクト
平安の都を彩る花広がれ!
269)冠者殿社
誓文払いの神
270)落柿舎
柿実る頃におこしやす

Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル【たびたの】京都観光案内情報 このページでは京都嵯峨野 落柿舎 をご紹介しています。