京都旅楽【たびたの】

仙太郎のみなづきは白、抹茶、黒糖の3種。もっちりとした外郎にそれぞれの風味が深くしみこんでいる。


美味しいもの 京都


仙太郎

みなづき

みなづきのしおり


関西では、夏越の祓(6月30日)みなづきを食すならわしがある。

仙太郎のみなづき黒糖
近所の和菓子屋で求める人も多いが、
わざわざ仙太郎みなづきを求める人も多い。
百貨店の和菓子コーナーで一番行列が長いのは
この仙太郎かもしれない。

仙太郎では、 身土不二(自分の生まれ育った場所で採れる作物が一番身体にやさしく、そして美味しい)をポリシーとした
無着色・無添加の和菓子作りに取り組んでいる。
素朴な味わいのこしんのぎゅっと詰まった六方焼やぱりぱり
皮のご存知最中など親しみのある和菓子達が並ぶ。
楽しみなのは薀蓄が書いてある菓子のしおり。

みなづきなら
「旧暦6月、夏の盛りに氷を取り出し、宮中へ運び、夏の健康のために氷をひとかけを食したという 。
しかしなんと言っても貴重品。庶民は口にすることはおろか、
目にすることもできなかった。そこで誕生したのがみなづき。
氷の結晶に似せた三角のお菓子。台は外郎で氷をあらわし、
上には小豆を散らして魔除けの意とした。(中略)」という風。



みなづきを食べ、うっとうしい梅雨とわかれ、祇園囃子が聞こえるようになれば、京都はいよいよ本格的夏を迎える。
因みに、私達仙太郎は、この氷室の名水をいただいて餡を晒し、炊いている。
この水ひとりじめはできません。皆様もどうぞお水取りにおこし下さい。これこそ純粋の水」と結んでいる。

素敵なパッケージ 身土不二の包み 仙太郎のみなづき白 仙太郎のみなづき抹茶

仙太郎みなづきは白、抹茶、黒糖の3種。もっちりとした外郎にそれぞれの風味が深くしみこんでいる。
特に黒糖の味わいが外郎とよく合っていると思った。一方、上に載せられた 無添加の小豆あずきは、
しつこさがなくさっぱりとして小豆のぷちっとした食感が楽しめる。



●京都の美味しいもの
粟餅のおとりよせ

新潟県中魚沼の減農薬もち米使用の粟餅450g新潟県中魚沼減農薬もち米使用の粟餅 きなこきなこ こしあんこしあん カテキンまるごと摂取粉末緑茶 40g袋入り伊藤久右衛門粉末宇治緑茶
 
京菓子司 仙太郎

和菓子



本店
京都市下京区寺町通仏光寺上ル中之町576 電話075−344−0700

山科店
京都市山科区竹鼻竹ノ街道町60−1 電話075−592−5046

東京支社
東京都練馬区豊玉北4−16−6 電話03−5999−1418

京都・大阪・神戸百貨店
大丸京都店 高島屋京都店 JR京都伊勢丹店 近鉄阿倍野店  そごう神戸店 

名古屋百貨店
松坂屋名古屋本店 JR名古屋高島屋店 

東京・横浜百貨店
伊勢丹新宿本店 東武池袋本店 三越銀座店 東急東横のれん街店
 島屋横浜店

高島屋

京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル 旅楽編集部 All Rights Reserved. 仙太郎のみなづき