京都旅楽【たびたの】

烏丸御池のレトロな煉瓦造りの「新風館」3階にある京野菜創作料理の店Tawawa(たわわ)

美味しいもの 京都

Tawawa 新風館店
たわわ

京野菜創作料理
たわわ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


烏丸御池のレトロな煉瓦造りの「新風館」3階にある京野菜創作料理の店Tawawa(たわわ)
休日のランチタイムは行列ができている。
それもそのはず。京野菜かね正がプロデュースしており、非常に満足度の高いメニューがそろっている。

たわわ新風館 たわわ新風館

おすすめはランチ。
この日は日替わりスープ、メインを3種からチョイス、パンかライス、デザート、コーヒー又は紅茶、
更にサラダバイキングがついて、平日休日問わず1050円。
四条河原町からはちょっと歩くが、 この内容で1000円はリーズナブル。


 たわわ新風館 たわわ新風館

サラダは京野菜のみず菜、聖護院だいこんの薄切り、かぼちゃのチップス九条ねぎなど20種類以上、
ドレッシングもわさび、トマト、コーンなど試すのも楽しい体にやさしいものが用意されている。
特に聖護院だいこんの薄切りがしゃきしゃきして美味。

メインの温泉玉子とハンバーグステーキデミグラソース京甘蕗のつけあわせには大きな万願寺とうがらし、
上賀茂産白京菜と生ごまのぺペロンチーノには京菜と普段味わえないような京野菜が登場する。

たわわ新風館 たわわ新風館

デザートは本日のデザートでもいいが、ショーケースから好きなケーキを価格の100円引きで選ぶこともできる。
まるごと桃ケーキや、丸ごとかぼちゃプリン、いちじくのタルトなど、果物や野菜を利用したケーキもおすすめ。
テイクアウトもできる(300円〜500円台) 。
新風館以外では、JR京都伊勢丹地下1F、大阪ヴィゾラ箕面店でも求めることができる。

 たわわ新風館 たわわ新風館

ランチはサラダが食べ放題なので、男性にも満足のボリューム。
野菜をたっぷりとりたい健康志向の女性にも喜ばれる店だと思う。大阪では箕面ヴィソラ(2006年閉店)にある。




Tawawa「京都着物パスポート」サービス 2005.11.8



新風館店のみ、京都着物パスポート(着物着用必須:〜2005/12/18まで)を提示、食事をすると
特典として「京野菜ジュース」サービス。




Tawawa新風館のディナー情報を追加しました 2008.8




美味しい京野菜料理が食べたいと思ったら、昼も夜も思い浮かぶのはTawawaである。
特に夜は飲みメニューの店が多い中、Tawawaであれば純粋に野菜料理が楽しめる。


Tawawa新風館

それに、新風館店はかなり席数があるし、比較的遅くまで営業されている。
Tawawa新風館は、メタボリックな我々の駆け込み寺でもある(笑)。


但し、1つ注意しなくてはならないことが。それはTawawa新風館店はパーティで貸切の日があるということ。
良い季節になれば全ての土曜日が塞がっていたり・・。まだ土曜日はいい。
ひどい時は平日にぽつぽつと貸切日があったりするのだ。貸切日が読めない。
うっかり確認もせずにのこのこ出かけて、店舗前で貸切の看板を見た日にはえらくがっかりしてしまうのである。

他にTawawaのような店はそうそう無い。なので、特に観光でいらっしゃっている方は、
行く前に「通常営業か?否か?」を電話で確認することをお勧めする。
今のところ、ネットでリアルタイム情報をつかむことはできないみたいだから。

     

さて、ヘルシー志向でいくのなら、まずはフルーツジュースか野菜ジュースを選ぼう。
この野菜の入った青汁ジュース、とても旨いのだ。
きっと嫌いな人でも飲めてしまうであろう味で、飲み心地もさらりとしていてとても良い。

しかし。つい最近訪れるとこのジュースがグラスの半分になっていて驚いた。
いくら材料高騰と言え、グラスに半分は見苦しい。実はここ最近他の店でも3箇所くらい、こういう事象を体験。

確かに生ジュースの原価は高いかもしれない。グラスも小さいサイズに変えられないのかもしれない。
でも、なんともみそぼらしいではないか・・・「Tawawaよ、お前もか?」とひどくがっかりした。

「これ、誰か飲んだのか?」と思われるようなジュースの量、是非是非改善して欲しいものである。
こんな半端な出し方なら、値段を上げても良いのではないだろうか。
お代わりする気をすっかり失くしてしまった。

     

気を取り直して、様々な京野菜のサラダ(なんと20種類以上)にブロッコリードレッシング、
トマトと自家製豆腐(和風ドレッシングでさっぱりと)を食す。サラダ系ばっかりなのだが、たっぷりと盛られていて、
食べ応えがある。特にトマトは味が濃くて、元気な野菜を実感。

     

じゃがいもと九条ネギのボロネーゼ。細麺とネギの感触が絶妙。Tawawaのパスタは外れが無い。
蓮根入りハンバーグ。茄子、薩摩芋、人参などが添えられている。このハンバーグは蓮根の食感が良いが、
ちょっと固めに出来上がっている。京都には美味しいハンバーグの店が多いもので普通に感じる。
美味しいのだが、他と比べて普通ということである。

たっぷりと京野菜を充電し大満足。Tawawaでは季節によってメニューが都度変化する。
だからいつ訪れてもいい。願わくは頻繁にパーティー予約の入らんことを(笑)。




Tawawa新風館のディナー情報を追加しました 2008.9




まだ夏野菜が盛りだくさんのTawawaへ。季節ごとにメニューが変わってくるのが楽しみで。

Tawawa新風館

この日は加茂那茄子のミートグラタン。茄子がものすごく大きい立派なもの。
これがごろんごろんとモンタージュできそうな様子で入っているのが圧巻。まるでステーキのように頂く。
旬の野菜はジューシーである。

Tawawa新風館 Tawawa新風館

メインには米沢牛と九条ねぎのパスタをチョイス。これがものすごく美味しい。
何がと言えば米沢牛である。
細めのパスタに、ほんのりと甘い味をつけ、外側を芳ばしくローストした中身がちょっとレアな米沢牛を散りばめる。
上にはたっぷりのねぎ。一体誰が考えたのであろう?見た目は地味だが、想像したより10倍は美味しい(笑)。

パスタなので、天然酵母パンを追加。 天然酵母パンは売り切れだということで野菜パンに変更。
オリーブオイルをつけて頂く。(夜遅くに行くといろいろ売り切れていたりする)

Tawawa新風館 Tawawa新風館

そしてまるで花畑のような鮮魚のカルパッチョ。鯛のピンクにオクラの緑、パプリカの赤と黄色。
トマトの赤 ・・・美しい。

そして季節の野菜サラダ。本日のドレッシングはオニオン。キレイなピンク色である。
オクラ、きゅうり、じゃがいも、万願寺とうがらし、キャベツ、かぼちゃ、ハーブ・・・・・何種類盛られているのだろう。
ボリュームもたっぷりで毎回オーダーする一品である。
ドレッシングの他に、岩塩、オリーブオイルもあって、色々試せるのも嬉しい限り。

これで飲み物を入れて5000円ちょっと。 美味しくて身体に良くてしかもリーズナブル。
これだけの野菜を美味しく調理してくれるTawawaにはいつも感心。
いつまでもここにあって欲しい、富にそう願う大切な一軒である。



Tawawa新風館のランチ情報を追加しました 2009.3




Tawawa新風館店のランチ。えらい久しぶりである。
と、言うのもちょっと出遅れるとすぐに行列ができる。並ぶのが嫌なのだ。

たわわ たわわ

さすがに開店時間なら大丈夫だろうと覗くと、予想通り大丈夫であった。
しかしながら、開店から10分も経っていないと言うのに既に席の半分は埋まっていた。

たわわ たわわ

さて、ランチを頼んで、バイキングへ。まだ出揃ったばかりの京野菜や惣菜。
八百屋プロデュースのTawawaだから、野菜は新鮮で、その種類も豊富。

たわわ

オニオンの酢漬けやかぶらのサラダなど他店ではあまり見かけない野菜もたくさん。

たわわ

漬物と一緒に並んでいるのは5種類のオリジナルドレッシング。金時人参、九条葱のドレッシングなど楽しい。

たわわ たわわ

先にランチのドリンクを持ってきてもらう。またもやグラス半分くらいになっている。それも氷が入ってである。
ディナーでお邪魔した時もそう思ったのだが、ランチのサービスとは言え、この量はみっともない。
8部位入れればいいのにと思う。

 たわわ たわわ

メインは豚肉の煮物。ケチャップソースがかけられている。添えてあるのは蕪のクリーム煮など。
もう一つのメインはミートソースパスタ。細麺で美味しいのだけれど、一味足りない。もう少し野菜の甘みがあるといいのだが。

パンとライスからパンをチョイス。天然酵母のパン。あたたかくて、外はかりり、中はふんわりしていて美味しい。
もう少しサラダを頂こうかと思って目をやると、バイキングの皿は半分無い状態で、行列が少し長くなっていた。
やはり早く来て正解であった。

たわわ たわわ

デザートはパウンドケーキ。隣の男性が「ちょっとぱさぱさしている」と話していたが、下にフルーツクリームが敷いてあり、
これと一緒に頂くと、とても美味しい。きっと別々に食べてしまったのだろうと思う。


Tawawaのランチはサラダバイキング、メイン、飲み物、デザートまでついている。これで1000円である。
色々細かい事を言えばきりがないが、間違いなく高PCのランチだ。
さすがに外までの行列を見て並ぶ気はおきないが、開店直後であればすんなりと席につけるし、
バイキングも充実、スペースも綺麗だ。何よりたっぷりの野菜を頂けるのが有り難い。

メインはオーダー式なので、ゆっくりと楽しめる。
パンも美味しい。これにちゃんとしたデザート、飲み物がつくのだから本当に素晴らしい。

八百屋の京野菜フレンチというのが看板なので、観光の方にもおすすめしたいのだが、
よく結婚式の2次会等イベントが入り、特に土日などクローズしていることが多いので、この点ご留意を。
遠くからの方は、予め電話での確認をおすすめしたい。




Tawawa新風館のディナー情報を追加しました 2009.10




たわわ 新風館 たわわ 新風館

季節が変わると足を向けずにはいられなくなる。京野菜料理の Tawawa。
昼はリーズナブルなランチ、夜は酒と共に実に様々な野菜料理を楽しむことができる。
ファミリーレストラン風で少し落ち着きには欠けるのだが、いつ行っても間違いが無い。

今宵は野菜ジュースと純米酒で。

たわわ 新風館

アラカルトでお願いしたのはトマトのフリッター。トマトの天麩羅である。
恐る恐る口に入れてみる。さくっとした皮の中からジューシーなトマトが流れてくる。
面白い。添えられていたのはオクラの天麩羅。岩塩で。

たわわ 新風館

京もち豚しゃぶしゃぶのゴマ味噌サラダ。モロッコインゲンやトマト、かぼちゃチップスなど。
サラダに添えられるドレッシングは実に様々な種類がある。今回は黒胡麻味噌。

たわわ 新風館 たわわ 新風館

賀茂茄子のチーズピザ。野菜とチップスがデコレーションケーキのようにのせられたクリスピーピザ。
瑞々しい茄子の甘みと少し苦味のある野菜の相性がいい。勿論ピザ生地の食感も。
野菜をつつみこむようにして口に入れるが、野菜がたっぷりで少し難しい。
自家製ベーコンとマッシュルームのパスタ。

これを2人で頂いて、大満足。野菜もたっぷり、おなかもいっぱいである。会計は5000円ほど。
これから収穫される秋野菜、冬野菜料理も楽しみ。
結婚式シーズンは貸切が多いので要注意だが、野菜好きには欠かせない名店である。



Tawawa新風館のディナーブッフェ情報を追加しました 2010.5




Tawawa新風館店では100分間食べ放題、飲み放題のディナービュッフェを始めた。
案内のハガキを頂いたのでお邪魔してみた。1名3000円。ソフトドリンク飲み放題は+500円、アルコールは+1000円。

たわわ 新風館 たわわ 新風館

まずは3品メニューよりオーダーできる。中央部にはバイキングの野菜料理が並ぶ。
オーダー+バイキング制なのはなかなか楽しい。

たわわ 新風館

ソフトドリンクは+500円だが、 オレンジ、パイン、リンゴ、グレープフルーツ、ルビー、マンゴー、
COFFEE、TEA、自家製ジュースなど。この日は数種類補充がなかった。
予約をしていたから良かったが、かなりの待ちができていたから、手が回らなかったのだろう。

たわわ 新風館

オーダーメニューより 生湯葉と自家製豆腐のヘルシーサラダ(表示価格800円)。

たわわ 新風館 たわわ 新風館

旬の筍が美味しい オードブル盛り合わせ(1000円)、 チーズと京とうふの春キャベツロール(950円) 。

たわわ 新風館 たわわ 新風館

豚肉梅チーズ春巻き(700円)。パスタやフリット、シチューやグラタンなど様々なオーダーメニュがあったが、
バイキングとあわせるとこの辺りでお腹がいっぱいになってきた。

たわわ 新風館

故にデザートのオーダーを。1、2人の分量なので全てを頂ける。
ウスイエンドウのプリン(350円)、丹後人参とオレンジのカタラータ(500円)、これが絶品。

たわわ 新風館

花菜のシフォンケーキ(500円)、
自家製アイス(上賀茂苺、自家製ヨーグルト、京野菜、濃厚バニラからいずれか) 750円。

たわわ 新風館 たわわ 新風館

フルーツ杏仁(650円)、お豆腐パフェ(750円)、これもおすすめ。
新ごぼうのショコラ(750)。紅茶と共に頂いて、大満足のビッフェデあった。特にオーダー料理がいい。

休日は人気が高いので予約がおすすめだ。※貸切営業も多いので要問合



美味おとりよせ ●京都のおいしいもの一覧はこちら

京野菜のおとりよせ

【京野菜の漬物】半割大根  京都府産 伏見とうがらし しろ菜 【京野菜の漬物】ひのな漬  刻みすぐき 

|
 旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のお土産おとりよせ  |  京都目的別もくじへ  |

Tawawa
たわわ
京野菜創作料理

新風館店
京都市中京区烏丸通姉小路下ル馬場之町586−2 新風館4F 
電話 075−257−8058  営業時間11時〜21時(ランチ11:00〜14:00)
 ※不定休

二条店

京都市中京区西ノ京朱雀町1番地 立命館大学朱雀キャンパス7F
電話075−813−8310



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル【たびたの】 京都京野菜料理Tawawa(たわわ)