京都旅楽【たびたの】
もはや烏丸通の名物という感あり。昼時になると行列ができる店 とり安
親子丼やからあげ丼などをはじめとした鳥料理が美味しい鶏肉専門店だ。

美味しいもの 京都

とり安

鳥料理・丼・定食

とり安
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


もはや烏丸通の名物という感あり。昼時になると行列ができる店 とり安
親子丼やからあげ丼などをはじめとした鳥料理が美味しい鶏肉専門店だ。

とり安


しかしながら、観光客の方はほとんどこの光景を見る事が無いと思う。
なぜならとり安は、土日祝、そして木曜日が定休日だからである。

とり安

混雑を避けるならOPEN前の11:30に待機するか、一部売り切れ覚悟で13:30頃に訪れるか。
当方は遅めに行くことが多いが、大抵すぐに通される。
中は10名も座れないカウンター席とテーブル席が2つ。
カウンターはかなりの密着具合であるが、意外にも女のお一人様も多いので、女性の方も臆せずどうぞ。
但し、荷物は奥の棚などに置くことになるので、くれぐれもショッピング帰りに立ち寄らぬようご注意を。

きれいなお姉さんと、しゃきしゃきと仕事をこなすお兄さんにお母さん。
メニューを告げたら、出された京番茶をすすって待とう。

とり安

親子丼やからあげ定食などがあるが、当方は いつもからあげ丼(780円)
。これがとても美味なのだ。
からあげが卵でとじてある丼なのだが、卵はとろとろで、丼の中は汁だく状態である。
どれだけ汁をからあげが吸っているか心配になるが、心配無用 、からあげは、からっとかりかりの食感のままなのである。

今、あげたてのなせる業かと思う。ジューシーでやわらかな鶏肉はうっすらと桃色。
そこに出汁の味をつけながら食べるイメージ。からあげ好きにはたまらないであろう。

丼の味付けは薄く、ここは好みの分かれるところ。東京の友人はあまり好みで無いというが、当方は好きである。
これだけのボリュームでくどくならないのは、この薄味もポイントだと思うのだ。
机には七味があるし、個別の小皿にはたくあん(これもいい味)、赤だしがついてくるので、
味が足りない方は調節をすればいい。

また、上にかけられた薬味がこの薄味にアクセントを与えているのだが、友人は山椒だと言う。
山椒・・・確かに山椒のような気もするのだが、胡椒のような風味もする。色々独自にブレンドされているのかもしれない。

さて、からあげは6,7個入っている。ボリュームは大変なものだ。
男のお腹は大満足、女性には少しきついようだ。豪快に楽しむなら、男同士で訪れるのをおすすめ。

京都で美味しいどんぶりめぐり


とり新の親子丼 桂PAの湯葉丼 鳥岩楼の親子丼 本家尾張屋のきつね丼 とり安のからあげ丼




とり安
親子丼・鶏専門店

京都市中京区烏丸押小路角
電話075−241−0456 営業時間 11:30〜14:00、17:00〜20:001 ※木・土・ 日・祝定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル 京都の鶏料理 とり安