京都旅楽【たびたの】

大正屋敷で良心的な値段で美味しい
とうふ料理を食べさせてくれる店 豆水楼

京都ランチ・とうふ料理

大正屋敷
豆水楼


トイレ情報
 豆水楼
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


友人を連れて行きたい店 とうふ料理の豆水楼は、良心的な値段で美味しい料理を食べさせてくれる店だ。
レストラン評価ガイド ザカットサーベイでも好評価されているようだが、
これ以上混むのも悲しいところで、気持ちは複雑なのである。

豆水楼 豆水楼

祇園にあるのが支店、木屋町にあるのが本店で、夏には納涼床が出る。
市役所からすぐの木屋町本店は、店までの路地が素敵だ。この雰囲気に友人達はおお〜と歓声をあげる。

豆水楼 豆水楼

豆水楼本店は、大正の情緒ある建物を利用している。靴を脱いで「お邪魔します」という雰囲気だ。
これも観光客の方には嬉しいと思う。

 
豆水楼 豆水楼 

さて、この日はしっかりと窓際の席を予約しておいた。窓側の個室は4人用のテーブルが2つ。
少人数だと予約が難しいが、3人以上なら可能。 掘りごたつ式の非常に眺めの良い席になっている。

今回お願いしたのは昼のみ供される町家膳。まずは胡麻豆腐、湯葉刺が。

豆水楼 豆水楼

氷の上に置かれた器に入れられた名物冷やしおぼろ豆腐。この季節は冷で、冬は湯豆腐になる。
揚げたての天ぷら。カマンベールチーズの湯葉包み、ししとう、賀茂茄子、しいたけなど。

プリンのような玉子豆腐、しらす御飯のぶぶ漬けにしば漬けなどの季節の漬物。

豆水楼 豆水楼

〆は豆乳と新生姜のシャーベット。生姜のシャーベットに皆目を丸くしたが、
後味にほんのりと香る生姜が夏向きの爽やかな味で、とても美味しかった。
床に出たいと言う友人のリクエストにより、床へ。三条大橋も見える抜群のロケーション。
でも、夏の日差しは尋常ではない。友人はすぐに店内へ戻ってきた(笑)。

豆水楼

これだけのコースで2205円。(※この他にも予算に合わせて様々なコースがある)
お客様に「美味しいとうふ料理屋」を聞かれて、豆水楼を紹介する旅館の女将さんも多いと聞く。
そんな噂も納得できる。地元の評判もいいので、土日はやはり混んでいることが多い。可能なら予約をおすすめ。



豆水楼のランチ情報を追加しました 2011.6



友人を連れて行きたい店筆頭とうふ料理の 豆水楼木屋町本店。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

雨に濡れた路地裏を進むと現れるのは大正屋敷。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】 豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

靴を脱いであがる。カウンター席とテーブル席があり、どちらでもと案内される。
いずれも掘りごたつ式になっている。 時折やってくる鴨川からの風が心地良い。

町家膳(昼のみオーダー可能)2205円を注文。
まずはねっとりとした食感も楽しい、ちょこんとワサビが添えられた胡麻豆腐。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

夏は氷でキンキンに冷やされた冷やしおぼろ豆腐。しょうが、ねぎをお好みで。
専用の出汁醤油で頂く。豆腐の上にはしいたけ、川海老などが。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】 豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

汲み上げ湯葉はとろりと極上。ラディッシュが上に、生姜などが添えられている。
醤油で頂く。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】 豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

揚げたての天ぷら。カマンベールチーズの湯葉包み、ししとう、など。
熱々の玉子豆腐。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

漬物とおじゃこ御飯、味噌汁。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】 豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

新生姜のアイスクリーム。

豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】 豆水楼【京都ランチ・とうふ料理】

熱いお茶を頂いて、今回も友人の喜ぶ顔が前にあった。
丁寧な見送りを頂いて、また豆水楼に来たいとの友人のリクエストがかかり、こちらも笑顔になったのだった。




●京都の美味しいもの

豆水楼
とうふ料理

本店
京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町517−3 電話 (075)251−1600
営業時間   昼 11時30分〜14時(LO)  
夜 17時〜21時30分(LO) 月〜土曜 12時〜20時30分(LO)日祝

祇園店
京都市東山区東大路通松原上ル4丁目毘沙門町38−1 電話(075)561−0035
営業時間   昼 11時30分〜14時(LO)  夜 17時〜21時30分(LO)
月〜金曜 12時〜20時30分(LO)土日祝



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都豆腐料理 豆水楼の食事レポートです。