京都旅楽【たびたの】

「リーズナブルに湯豆腐を楽しんで欲しい」こんな思いから明治三十年創業の山本豆腐店が作った とようけ茶屋

京都ランチ・豆腐料理・湯豆腐

とようけ茶屋
なんと3階建!とようけ茶屋
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


「リーズナブルに湯豆腐を楽しんで欲しい」こんな思いから明治三十年創業の山本豆腐店が作った とようけ茶屋

とようけ茶屋入り口 芸舞妓のうちわ

平成4年にできた新しい茶屋だが、3階建ての町家風、何十年もここにあったかのような京都らしい概観だ。

なんと3階建!とようけ茶屋 雷神の看板

北野天満宮大鳥居の道路を挟んで斜め前にあり、いつも観光客(地元ではTAKE OUTするので)の
長い行列ができているのですぐにわかると思う。

店内 大きな窓にはエッチングが

昼時は間違いなく混んでいる。冬の行列は防寒対策を十分に、夏の行列は日焼け対策を万全に。


豆乳ヨーグルト
 とようけ茶屋の鐘馗さん

さて、人気の湯豆腐定食は お通し(山椒がのった丹波黒豆豆腐)、生麩が浮かんだにがり絹ごしの湯豆腐
小鉢数品
(黒豆湯葉、ひろうす−この日は品切れでふくだわら※10種類の具を絞り豆腐でつなぎ、生湯葉で
包んで蒸したもの−など)、お漬物(しば漬け、たくあんなど)、ご飯で1050円。

とようけ丼 具がたくさん お通し:山椒がのっている


豆腐はかなり豆の濃い味がするという感じではなく、さっぱりさらっとした味わいだった。
様々な種類を少しづつ味わえるのが楽しい定食だ。

湯豆腐定食 とようけ茶屋名物とようけ丼

また、名物のとようけ丼は絹豆腐と油揚げ、しいたけなどを甘い出汁でしっかり煮込んで
ご飯の上にかけたもの。
ぷりぷりとした豆腐には、一般向けにだろうか濃い目の味付けがされている。
これにお通し(山椒がのった丹波黒豆豆腐)、小鉢、漬物がついてなんと683円。

ふくだわらには大きなぎんなんも入っている。美味! ひろうす、がんも・・美味しそうなショーケース

「京都で気軽に豆腐料理」はなかなか難しい中、このリーズナブルさは嬉しい限り。
男性には少しボリュームが足りないので一品料理や豆乳ヨーグルトなどを追加するのも良いかもしれない。


とようけ茶屋の名前は穀物の豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)にちなんで、
豊かに恵みを受けるようにと豊受=とようけとつけたとのこと。
「沢山のお客様が来て下さるのは、この女神様のご利益」だと思われている店主の言葉がほほえましい。



●京都の美味しいもの

とようけ茶屋
湯豆腐・とようけ丼など

とようけ茶屋
京都市上京区今出川通御前西入紙屋川町822 
電話075−462−3662 営業時間11〜15時 売店10〜18時30分 
※木曜定休、25日(北野天満宮縁日)営業、月1不定休

とようけ屋山本 本店
京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429−5 
電話075−462−1315 営業時間 4〜18時30分 ※正月、盆以外原則無休



Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都の美味 とようけ茶屋