京都旅楽【たびたの】

河原町通、アーケード商店街に行列を見かけたら、たぶん甘味の梅園である
京都甘味・パフェ・だんご

梅園
梅園
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる

祇園都路里ほどで無いにしろ、入るか入らないかの基準は「行列があるかないか」。
観光シーズンは特に長い行列になる 甘味処梅園。みたらしだんごが有名な店で、甘党で知らない人はおるまい。
おもたせに梅園のみたらしだんごを用意すると喜ばれること、この上なし。
東京方面の方でも、冬季は持ち帰りしても大丈夫だと思うので、是非お試しを。(みたらしだんご10本 750円)

梅園 梅園

さて、今日お邪魔したのは行列がなかったからである。思わず看板を確認してしまった。
珍しいこともあるものだ。すんなりと奥の席に案内されると、我々で満席となった。
過ぎ行く夏を惜しみながら、ここはやはりカキ氷 宇治ミルク750円にみたらしだんご250円(※セット価格)をセット。
一方連れは抹茶パフェ1000円を注文。
オーダーを終えてふと入り口付近を見たら、あっという間に行列ができていた。危機一髪である。

 梅園 梅園


さて、宇治ミルク。なんとも美しい。まんべんなく綺麗にミルクがかけられている。
抹茶蜜が添えられていて、薄くなったら付け足すことができる。
氷はふんわり系ではないけれど、すうすうと喉元を潤す細かさ。

昭和2年創業の梅園のみたらしだんごは、無添加、手作りにこだわった四角い形が特徴。
焼き鳥のねぎまのイメージするといい。
これはたれがよくなじむようにと考えられたらしい。
やわらかなだんごに素朴な醤油あん。甘くてなにやらほっとする懐かしい味である。

梅園 
梅園

抹茶パフェ。四角いグラスに入れられたこの上品な子、これはなかなかの強者である。
八橋スティックに、抹茶カステラ、あんこ、白玉、生麩、寒天、蕨餅、抹茶アイス・・。
甘味のオンパレードである。ちょこんと漉し餡の上にくこの実がのっている。
甘味好きでなければ完食できまい。故にあなたが、甘味好きなら迷わずどうぞ。





●京都の美味しいもの

梅園

甘味喫茶

河原町店
京都市中京区河原町三条下ル山崎町234−4 
電話075−221−5017 営業時間10:30〜19:30 ※年中無休


清水店
京都市東山区清水産寧坂3丁目  
電話075−531−8538 営業時間10:30〜17:30 ※年中無休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都甘味・抹茶パフェ、かき氷・みたらしだんご 梅園