京都旅楽【たびたの】

金閣寺、哲学の道清水寺嵐山・・・主要な観光場所に必ずと言っていいほど存在する あぶら取り紙のよーじや

いいもの 京都

よーじや

あぶらとり紙


金閣寺、哲学の道清水寺嵐山・・・主要な観光場所に必ずと言っていいほど存在する あぶら取り紙のよーじやは、
1904年(明治37年)、六角御幸町で生まれた化粧雑貨店で、屋号が楊枝商店だったことから、
よーじやとなったそうだ。この10年での広がりは目を見張るものがある。
祇園、三条のショップはいつも女の人で溢れ、驚くほどの盛況振りである。


よーじや
 よーじや よーじや

先日はタクシー観光中の学生さんが「お母さんのみやげにはよーじやがええよ」とドライバーの方に案内されていた。
しばし後手によーじやの袋をいっぱい抱えた学生さんが道に溢れた。いやはやすごい

よーじや 清水店
 よーじや 本店

女性の方に聞くと、よーじやのあぶらとり紙は高いけれども、大きくて、よく皮脂を吸い取るそうだ。
脂性の男性にも最近では喜ばれているという。

よーじや本店

一方で、品揃えはどんどん増えていて、手鏡や化粧品なども豊富だそう。
その中でリクエストされたのが、よーじや(あぶらオフ)ミニタオル。
なんとミニタオルながら油をとってくれると言う。

油取り紙は消耗品であるが、このタオルは永久的。ロハスな彼女にも喜ばれるおすすめ品だ。
色はピンクとベージュの2色。トレードマークの女性が書いてあるが、これは良いのか悪いのか。
デザイン的には好みが分かれるところだ。

※春の季節にさくらシーリーズが登場する。あぶらオフさくらはんかちは(白とピンク)900円。
売切れ次第終了。

京のええもん買うてって♪

RAAK  よーじや 一澤信三郎帆布 石黒香舗


●京都のおいしいもの

あぶらとり紙のおとりよせ

あぶらとり紙コラーゲン あぶらとり紙学問運  あぶらとりハンカチコロコロコロリン - 鈴(白) 


| 旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のおとりよせ  | 京都目的別もくじへ  |


よーじや

あぶら取り紙

新京極本店
京都市中京区新京極花遊小路 電話075−221−4626 営業時間11:00〜19:00 無休

祇園店
京都市東山区祇園四条花見小路東北角
電話番号 075−541−0177 10:00〜22:00(季節による)  無休

嵯峨野嵐山店
京都市右京区嵯峨天龍寺立石町2−13
電話075−865−2212. 営業時間10:00〜17:30 無休

この他、清水寺、金閣寺、哲学の道など多数あり。東京では羽田空港に出店。




Copyright (C) 2004-2008旅楽トラベル 旅楽編集部 All Rights Reserved. 京都のお土産 よーじや