京都旅楽【たびたの】

善峯寺は桜、紅葉など四季の折々の美しさで有名な山寺である。
また、善峯寺には全長54M、樹齢600年の五葉松があり、天然記念物に指定されている。


善峯寺

桜・紅葉・日本一の松
そして落ちない寺


西国三十三所観音霊場第二十番霊場
遊龍松

■京都旅楽その10■洛西
|見どころ| 善峯寺|  旅楽トラベルTOPへ | 京都のお土産おとりよせ | 京都の良い宿 |

46)梶井基次郎と檸檬と丸善
2005/10/10、檸檬の丸善河原町閉店
47)革堂 行願寺 西国19番
寺町通り 金木犀の香る寺
48)柊屋旅館のナゾ
柊家の壁を守るものは・・?
49)野宮神社
縁結び 源氏物語の小さな神社
50)善峯寺 西国20番
桜・紅葉・日本一の松 そして落ちない寺
善峯寺の桜
桜と日本一の松が競演する春
京都目的別もくじ

京都見所美味かんたん検索

京都三大祭&イベント

京都旬情報

京都美味しいものもくじ

京都桜名所カタログ

京都紅葉名所カタログ

京都・大阪・神戸の良い宿

京町家に泊まる

京都本図書館

サイトマップ

良い宿ベスト10

良いものランキング

見所・観光情報もくじ
洛北 洛中 洛東 洛西  洛南 市外



善峯寺

よしみねでら

京都市西京区大原野小塩1372
参拝時間 8〜17時
電話 075−331−0020
拝観料 400円

※寺宝館特別公開 500円

桂昌院ゆかりの品1200点
春:4〜5月
秋:10月(土日祝)、11月〜12月第一日曜


■ナビ■


・JR京都線「日向町」
・ 阪急京都「東日向」
→阪急バス66号善峯寺行き30分
→「善峯寺バス停」→徒歩8分
ORタクシー
・JR京都線「長岡天神」
→タクシー(約15分1800円ほど)
※アクセスが良くないので、
車が便利だが(駐車場500円)、
シーズンは渋滞がひどい。

おちないご利益

善峯寺おちないお守り


阪神大震災で崩れた阪神高速。
そこに半分車体を乗り出したものの
一命を取り留めたトラック運転手が
もっていたのが「善峯寺のお守り」。
このことから、落ちないお守りとの評判が。
受験生の「おちない守り神」として
ご利益があるとか。

■良い宿■

天然温泉の公共の宿で、
大原野神社、善峯寺、
勝持寺等の散策に便利。
田園風景と山道の多い地域なので、
多くの寺社見学を考えている場合は、
車やタクシーを利用すると便利。
ホテル京都エミナース
楽天→ ホテル京都エミナース


じゃらん→ホテルエミナース京都

その他の公共の宿はこちらより↓
【J-Yado】 公共の宿詳細・予約

■よしみねの里■

京都市西京区大原野小塩703
営業時間:9〜17時
定休:火曜(1〜3、6〜8月)

よしみねの里

周辺は竹の美しい地で竹製品や
たけのこ料理が有名です。
よしみねの里では春はたけのこ、
秋は松茸料理が味わえます。

■竹製品のおとりよせ■

源氏物語絵巻 - 竹河 - 封筒(5枚セット)源氏物語絵巻 封筒セット
揺れる炎と乙女心「かぐやうさぎ」水蝋燭
揺れる炎「かぐやうさぎ」水蝋燭
竹備長(カット竹炭12cm)1kg消費税込み!竹備長(カット竹炭12cm)
『セーラー 長原宣義 匠技シリーズ』すす竹螺鈿(らでん)蒔絵 クロスエンペラー 万年筆「...長原宣義すす竹万年筆

■京都権太呂の美味おとりよせ

ほっと一息、鱧と松茸の土瓶蒸し(1人前)
鱧と松茸の土瓶蒸し


秋ひろいごはんの素(2合分)
秋ひろいごはんの素(2合分)

秋彩釜めし(4ヶ詰セット・釜付き)秋彩釜めし(4ヶ詰セット・釜付き)


善峯寺日本一の松 遊龍松

善峯寺
は桜、紅葉など四季の折々の美しさで有名な山寺である。
また、善峯寺には樹齢600年の五葉松があり、天然記念物に指定されている。

それは全長54Mもの見事な松で、花山前右大臣家厚公が遊龍の松と名付けた。
※現在は虫害で15Mを伐採 ※ゆうの字は游ですが、ここでは遊ぶと表記します。


善峯寺入口 緑に溢れた別世界 善峯寺前の茶屋 善峯寺山門 手洗

善峯寺は1029年、源算上人によって開かれたが、応仁の乱により荒廃したが、
大奥でも登場する徳川綱吉の母「桂昌院」により復旧された。

神経痛・腰痛にならないお守りを 観音堂 お香水井戸の扉を開けて、頂く お香水

小さな山を行くように、歩くのに少々しんどい思いはするが、
境内では様々なご利益を授かることができる。


お香水井戸の扉 お香水が染み出す石垣 本坊門 あじさいの名所でもある

本坊門横では、長寿にききめがあると伝わる「お香水」が湧いている。

日本一の松 社務所 緑に青い空が広がる つりがね堂


観音堂(本堂)では神経痛・腰痛に「ならないお守り」を受けることができる。


ごま堂 不動明王五大尊 幸福地蔵さんへ 多宝堂:重要文化財

最近では阪神大震災で高速道路落下を免れた運転手が善峯寺のお守りを
持っていたことから「おちない」=受験生にご利益があるとされている。


遊龍松 経堂 京都市内の美しい眺め あじさい苑

足を進めれば、 厄除けの鐘幸福地蔵が。


あじさい苑(撮影7月) 幸福地蔵 紅葉 紅葉の石段

幸福地蔵さんは自分の幸せではなく、自分以外の人の幸せをお願いする。
これが本来の慈愛というものかもしれない。
ここからの眺望が素晴らしい。季節にはあじさいの花々が一面に咲き乱れる。
※あじさい見頃:6月中旬〜7月初旬。

桂昌院廟 阿弥陀堂 書院

さらに続く石段 こんなに高く。 市内遠望 奥の院薬師堂

桂昌殿に着く頃にはかなり息が切れていると思うが、
振り返れば美しい京都の町並みが広がる。


けいしょう殿 奥の院薬師堂 龍の手洗い 蓮華寿院庭

正月1日は早朝開門が行われ、東山からの見事な初日の出を拝むことができる。
映画SAYURIでの日の出シーンはここからのものだそうだ。

紅葉の道 釈迦堂 紅葉と美しい石塀 春は花 秋はもみじの むすび木は この世の幸 めでたかりけり(桂昌院)

大樹 えま堂 遊龍松 遊龍松

下りに入れば紅葉のカーテン。春も秋も息を呑む美しさだ。
「春は花 秋はもみじの むすび木は この世の幸 めでたかりけり(桂昌院)」



京都旅楽(ブログ版) Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル【たびたの】 京都の寺 善峯寺をご紹介しています。