京都旅楽【たびたの】
鞍馬寺門前 必ず寄りたい精進料理店 ようしゅうろ

京都精進料理

雍州路
ようしゅうろ

京都トイレなブログ
雍州路(ようしゅうろ)
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


鞍馬寺に参拝するのは同じ市内ながらもかなりの遠足気分が味わえる。
実際夏なら、数度温度が低いし、冬ならこの辺だけ雪が積もる。
義経が修行したとか、天狗が住んでいたとか伝説の多い山である。

雍州路(ようしゅうろ) 雍州路(ようしゅうろ)


この鞍馬寺の門前に風情のある一軒屋。精進料理の店 雍州路(ようしゅうろ)である。
「 若狭より都に通ずるこの道」という意味だそうだ。

この日は朝早くから参拝、お山を降りて、「さて、昼はどうしよう」と思っていた。
しかしながら、観光地での食事はちょっと不安で、北山でランチでもと考えていたのだが、
急に腹の虫が鳴き出し、ここで食べようということになった。

ちょっとの不安を抱えて暖簾をくぐったのだが、予想に反して本当に良い店であった。

雍州路(ようしゅうろ)

まるで本から抜け出してきたかのようなレトロな雰囲気。黒い柱や木のテーブルがピカピカ光っている。

雍州路(ようしゅうろ) 雍州路(ようしゅうろ)

12時前でほとんどお客はいない。


雍州路(ようしゅうろ)


極上の窓側の席を選ぶ。緑がさやさやと御簾の越しに揺れる。まるで絵のように美しい。

雍州路(ようしゅうろ) 雍州路(ようしゅうろ)

雍州路(ようしゅうろ)はもと鞍馬山の僧だったご主人が脱サラならぬ脱僧をして始めた店だそう。
本仕込の精進料理が食べられるとのことだから、それを頼まずにはいられまい。
精進料理以外にも甘味を含めて色々あったが、迷わずに決めた。

雍州路(ようしゅうろ)精進料 雍州路(ようしゅうろ)精進料理

花の膳 2100円とくらま山の膳2600円をお願いする。

雍州路(ようしゅうろ)精進料 雍州路(ようしゅうろ)精進料

花の膳には、麦ごはん、山芋とろろ汁、白和え、胡麻豆腐、こんにゃくのさしみ、汁、

雍州路(ようしゅうろ)精進料 雍州路(ようしゅうろ)精進料

山菜の酢味噌あえ、じゅんさい


雍州路(ようしゅうろ)精進料 雍州路(ようしゅうろ)精進料

くらま山の膳には、季節のごはん(しめじ、青豆、おあげ)、たき合わせ、白和え、胡麻豆腐、三色田楽、とろろそば、水物(メロン)、
香の物、山菜の酢味噌あえ、子茄子、トマト、飛龍頭のたいたん。

 雍州路(ようしゅうろ)精進料 雍州路(ようしゅうろ)精進料

山の幸が少しずつ色とりどりに詰められた素朴な料理は、野菜の味が濃く、身体の隅々にまで滋養が行き渡るよう。
聞けばこの山で山菜を摘み、できる限り京野菜を使用し、心と身体に爽やかな満腹感を与えたいと
願って手作りしているそうである。それが精神的な安定にもつながると・・・。

鞍馬のご利益と美味しい料理を頂いて、まさに幸せな気分で満たされた。
そして、ご主人の願い通り、清々しく下界へ戻ったのであった。




雍州路 ようしゅうろの精進料理・蕎麦の情報を追加しました 2011.4




2011年、京都の中心部では桜も終盤、桜を求めて今日は鞍馬にやって来た。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

4月中旬の良く晴れた日、予想通り鞍馬寺の桜は見頃満開であった。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

鞍馬寺参拝帰りのお楽しみは、門前の雍州路 ようしゅうろ

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

民芸調の美しい店内には囲炉裏テーブルの席もある。
唯一の難点は、身体に良い精進料理なのだが、客の喫煙率がかなり高く、いつも悲しい思いをする。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

1階の席の他、2階の座敷もあるが、こちらは精進料理を選ばなくてはならない。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

この日は1階のテーブル席だったので、
今日は雲珠(うず)蕎麦1050円に山菜ごはんをお願いした。

12時前には続々と参拝客がやって来て満席。
かなり大変な状況のようにお見受けしたが、スタッフの応対はてきぱきと見事なもので、
京番茶が出されるのも、注文を聞きに来るのもタイミングは良かった。
待たされるとばかり思っていたのだが、これには感心した。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】 雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

七種の野菜の薬味がついた冷蕎麦で好みで胡麻をかけて頂く。
夏向きのさっぱりしたメニューである。

雍州路(ようしゅうろ)【京都精進料理】

精進料理は花精進膳2100円をチョイス。
値段は張るが、やはり雍州路 ようしゅうろでは精進料理がおすすめだ。
麦御飯に山芋とろろをかけて。胡麻豆腐、和え物、山菜白和え、
赤蒟蒻や海藻の入った刺身蒟蒻を酢味噌で、つくだに、汁。
どれも良い味なのに驚く。見かけよりボリュームもあり、一山登った後の身体にやさしく染みこむ。

煙無く頂ければ、之、最高である。


おとりよせ京都の美味おとりよせ


雍州路 ようしゅうろ
精進料理

京都市左京区鞍馬本町1074
電話075−741−2848 営業時間 10時〜18時 ※火曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都精進料理 雍州路ようしゅうろ