大阪旅楽【たびたの】

茨木市にある隠れ家のような人気カフェがある。Bono Cafeボノカフェ


大阪ランチ・自然食

Bonoカフェ

自然食カフェレストラン

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる

大阪北摂、茨木市にある隠れ家のような人気カフェがある。Bono Cafeボノカフェ)。

ボノカフェ ボノカフェ


体にやさしい野菜たっぷりのランチが人気のボノカフェだが、ロケーションがすごい。

ボノカフェ ボノカフェ

ボノカフェの前の道路は袋小路。まさかここにカフェがあるとは誰も思わないだろう。
知人に連れて行ってもらってさえ、店の前に行くまで「どこに行くんだ?」状態である。
概観もマンションの1階で、まるで家のよう。小さな看板が出ていなければ、更にわからない。

Bonoカフェ

故にやってくるのは地元の方達だろう。この日は主婦グループの集まりがあるらしく、半分は予約席になっていた。
ドアを開けるとレジ脇に取りたての野菜が並ぶ。トマトがあまりにも美味しそうな色で覗いていたので帰りに買おうと思ったが、
生憎売り切れてしまった。茨木で栽培されているというこの野菜も人気らしい。

ボノカフェ ボノカフェ

店内は真新しく、清潔感にあふれている。不思議なことに表はビルの無機質な感じであるのに、
中は格子窓から洩れる日差しや、シックな木のカウンターやテーブルを見ると和の落ち着いた雰囲気。
きんと冷えた緑茶も、布で作ったレシート入れもセンスがいい。

 ボノカフェ ボノカフェ

さて、この日はランチ1000円を注文。ドリンク付1200円、デザートもつけると1500円。
温かな木の盆に旬のおかずが並ぶ。夏らしいメニューはゴーヤチャンプルー、きゅうりの酢の物、
茄子の揚げ浸し、いんげんと小芋の煮物、 きゅうりの漬物、えのきの煮物、鶏そぼろ、ご飯は五穀米、味噌汁にはおあげ。

ボノカフェ

きゅうりの酢の物には蝶々の人参が羽を休めている。とにかくきれいな膳である。
少しずつたくさんの種類が収められたこのランチのヘルシー度はばつぐん。
男には量が腹八分。ケーキがつけばちょうど良いか。実はデザートも評判らしいのだ。

こんないい店が近所にあれば毎日通うのにな、ボノカフェはそんな風に思える店である。




ボノカフェのランチ情報を追加しました。2008.9



茨木の友人が久しぶりにボノカフェに連れて行ってくれた。

ボノカフェ ボノカフェ

光が格子状に差し込む店内はしっとりと落ち着いていて、良い雰囲気である。今日はカウンターで。
ガラステーブルの中に白い石が敷き詰めてある。なんとも洒落ている。

ボノカフェ ボノカフェ

さて、 この日もランチ1000円を注文。

ボノカフェ ボノカフェ

今日のメニューは季節の天麩羅、山菜の煮物、野菜入り卵焼き、ハーブサラダ、たくあん、小鉢など。
ご飯は五穀米、大根の味噌汁。

ボノカフェ

バランスよく、少しずつ沢山の食材を使用して作られたランチは身体にやさしい。
但し、やはり男には量が少ない。見渡せば、女性のグループが多いのは女性には適量だからかもしれない。
もう少しご飯の椀が大きければもっと良いのになと思う。


■大阪美味自然食&オーガニックレストランめぐり■■

めだか ナチュラルキッチンめだか(キタ)

ママンテラス 玄米セット ママンテラス(心斎橋)

キッチンガーデン キッチンガーデン(阪急3番街) 心斎橋ミツヤ 心斎橋ミツヤ(心斎橋)
オーガニックカフェ リジョイス リジョイス(茨木市) びわ すろーらいふBWA(高槻市富田)
自然食レストラン 自然のめぐみ 自然のめぐみ(吹田市) オーガニックキッチン オーガニックキッチン(高槻市)
まだま村 まだま村(茨木市) ばんまい定食ランチ ばんまい(池田市)
ボノカフェ BONOカフェ(茨木市)  




おとりよせ大阪の美味おとりよせ

ボノカフェ
BONO Cafe

オーガニックカフェ

大阪府茨木市水尾2−14−35
電話072−632−5124 営業時間 9〜20時 ※水・日・祝日定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル オーガニックカフェ ボノカフェ(BONO Cafe)のランチレポートです。