大阪旅楽【たびたの】

彦八まつり生國魂神社で行われる楽しい落語イベント

彦八まつり 小米朝さん
彦八まつり

熱気溢れる落語家さんと楽しむ祭
旅楽【たびたの】TOPへ

大阪旅楽
その5

イベント
大阪天王寺区
落語



彦八まつり

ひこはちまつり

開催日時2008年9月7日(土)・8日(日)
会場 生國魂神社

大阪府大阪市天王寺区生玉町13−9

彦八まつりの屋台
イベント予定  実行委員長 桂  小枝


2006年9月2日
・ オープニングセレモニー(11時〜)
・ 上方笑女隊お色気ショー
・ チャレンジ・ザ・大なわとび
&バンブーダンス
・落語家による阿波踊り
・素人演芸バトル
・落語家バンド「ヒロポンズ・ハイ」
「桂文福とワ!!つれもていこら〜ズ」
「桂雀三郎withまんぷくブラザーズ」
こは・まつ

・奉納落語会(有料)
【昼の部・午後1時〜】
落語家No.1決定戦「RR-1」
ご案内/桂小枝、
審査委員長/桂きん枝

【夜の部・午後5時〜】

「もしも落語ができたなら」
西田敏行、笑福亭鶴瓶、
お茶子・ラサール石井(ご案内/桂小枝)

3日
・扇納祭(10時〜)
・落語家によるスポーツチャンバラ大会
(一般参加コーナーもあり)
・お茶子クィーンコンテスト
・彦八ばなし大賞発表

・奉納落語会(有料)
【昼の部・午後1時〜】
「落語家でない落語会」
月亭八光、まるむし商店、長原成樹、
里見まさと、ロボット・ロボプロ亭エム吉、横山ノック
【夜の部・午後5時〜】
「ひとあし早い繁昌亭」桂三弥、桂出丸、
月亭八方、桂枝光、桂三枝
(ご案内/桂小枝)  


■ナビ■

・ 近鉄「上本町」駅→西へ徒歩5分
・地下鉄谷町線・千日前線
「谷町九丁目」駅→南西へ徒歩2分

■なんばに便利なホテル

 

●なんばに便利なホテル


大阪・梅田駅
  新大阪 
心斎橋

■大阪の美味おとりよせ■

●大阪の美味おとりよせ一覧

●大阪目的別もくじへ
<<16〜20へ
21)なにわ探検クルーズ
落語家さんと楽しい大阪めぐり

22)彦八まつり
熱気溢れる落語家さんと楽しむ祭

23)HEP FIVE 観覧車
大阪一望の赤い観覧車
24)繁昌亭
毎日楽しめる上方落語定席
25)とよのコスモスの里
山里を埋め尽くすコスモスの花畑
彦八まつり

彦八まつり
は、大阪落語の始祖・米沢彦八の名を後世に残すため、
彦八が活躍した生國魂神社の境内に平成2年『彦八の碑』を建立した事より始まった。

翌年より、その碑を上方落語の象徴として年に一度上方落語家が集まり、
ファンや一般の方々と交流を深めたり、大阪の伝統芸能として身近な上方落語を広くアピールし、
その更なる発展と後世への継承を目的として彦八まつりは開催されて来たとのこと。

(上方落語協会HPより引用) 


彦八まつり 彦八まつり 彦八まつり

「落語感謝デー」と銘打つように、多くの落語家が屋台を出し、
そこで焼きそばや本などを熱く販売し、ファンとの交流を深めている。
一緒に写真撮影に応じる姿を見てもとても身近に落語家を感じることができる。
大人から子供まで皆楽しそうだ。

彦八まつり 彦八まつりライブ 彦八まつり 小米朝さん

呼び込みの声も高らかで、落語家の口上は聞いているだけでも楽しい。
この他、野外コンサートや屋内では有料の奉納落語もあるが、
チケットは早々に売り切れたようでぎりぎりに行ったので、残念ながら入場できなかった。

落語会の観覧は早めに行った方がよかったようだ。

彦八まつり 小米朝さん 彦八まつり 小米朝さん 彦八まつり 小米朝さん

屋台の人気は人間国宝の桂米朝さんのご子息小米朝さんのブース。
「いてる、いてる」とカメラを持った人で大賑わい。
にこやかに販売する小米朝さんの姿がこんな目の前に。

彦八まつり 彦八まつり フラッペ 彦八まつり 

境内の活気は日が傾いても増していく。
ちょっと熱気を冷ますべく、元気な落語家さんの屋台でフラッペ200円を頂いた。



京都旅楽【たびたの】ブログ版 Copyright (C) 2004-2009旅楽トラベル 大阪情報 彦八まつり