大阪旅楽【たびたの】
「亀おったで」ランドセルの子供たちがかけていく。総持寺は亀にゆかりの深い寺である。


総持寺
西国三十三所観音霊場第二十二番霊場
と料理に縁の深い寺



大阪旅楽その2

西国33寺院
茨木市
 
詳細

総持寺
西国22番

そうじじ

茨木市総持寺1−6−1
電話 0726−22−3209
拝観時間 6〜17時
納経時間 8〜17寺
※無料駐車場有り
※子守・火除け観音とも言われる

■ナビ■
・ 阪急「総持寺」→徒歩5分

■周辺の便利なホテル■
茨木・高槻より便利なホテルベスト10

■西国三十三所必携ノートとりよせ■
西国三十三所納経集印帖
西国三十三箇所の寺の説明と
ご朱印 をいただく白紙がついた
巡礼必携の納経集印帳。
全部参拝が済むと満願成就。


6)道頓堀えびすタワー
大阪はここから 道頓堀

7)法善寺横丁
夫婦善哉と縁結び 法善寺

8)勝尾寺 西国23番
勝運で満たされている 箕面の山寺

9)総持寺 西国22番
と料理に縁の深い寺
10)太田茶臼山古墳(継体天皇陵)
太田茶臼山古墳前方後円墳の謎
総持寺
「亀おったで」ランドセルの子供たちがかけていく。
総持寺は亀にゆかりの深い寺である。

総持寺縁起によれば藤原高房が実子を継母によって海へと投げ落とされた時、
以前淀の穂積で助けた亀がその子を助けた。
喜んだ高房は、信仰していた観音様に感謝し、寺の建立を誓った。

彼の没後、子孫がその願いを果たしたのが総持寺とのこと。
それ故か 総持寺本尊は亀の上に乗っている(拝顔4/18御開帳のみ)。

また総持寺の開山堂には、料理の神とされる山陰の坐像があり、
御開帳の日は京阪神の料理人が訪れ、「包丁式」が行われる。

 
Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 旅楽編集部 All Rights Reserved.