和歌山旅楽【たびたの】
はなまるマーケットでも絶賛されたという、新宮市民に愛されている徐福寿司さんま姿寿司

美味しいもの 和歌山

徐福寿司

さんま姿寿司
さんま姿寿司

徐福寿司 徐福寿司 徐福寿司の包み さんま姿寿司

さんま姿寿司世界遺産 熊野参詣道で有名な新宮市。

市内を歩けばあちらこちらに「名物さんま寿司」の看板が見える。
さんま寿司とは、鯖寿司のような押し寿司で、2000年の歴史を持ち、
熊野では正月や祝い事の席では欠かせないハレの郷土料理なのだそう。

これは是非食べておきたいと、新宮駅前の徐福寿司に入った。
まだ昼には早かったが、カウンターには沢山の人。

さんまと言えば三陸が有名だが、そのさんまは寒流にのって熊野灘まで
南下するそうだ。ここまでやってきたさんまは、脂がほどよく抜けて、
さんま寿司にするのに最適な状態になるという。
この日は幸運なことに今年の新物を頂けた。
食べ頃は、これから。2月くらいにかけてだそうだ。

神社の頂上で食べようと一本(550円)持ち帰りで求めた。
包みを開けると、
10日から1ヶ月程度塩漬けにし、ユズやダイダイ酢に漬けたというさんまが寿司飯にのせられている。
まるで剥製のような美しさ。ヒレも頭も生きているかのようにピカピカである。
徐福寿司さんま寿司さんま姿寿司と言うのは、頭がついているからだそうだ。
パックに詰められた頭付きのさんまはなんだか可愛らしい。

ごむのような少し弾力のある皮はしっかりした塩味と柑橘系の爽やかな香り。
寿司飯がまた上品な味でパクパクとあっと間に完食。2本くらいは軽く食べられそうだ。

この偶然訪れた徐福寿司は地元の人が通う名店なのだそう。
先日はなまるマーケットでも紹介され、注文が殺到しているのだとか。
これからどんどん美味しくなるさんま姿寿司。熊野詣の際は、弁当にお持ちあれ。

おとりよせ■周辺の温泉宿■海南・有田・御坊・龍神の宿一覧
紀州のさんま寿司のおとりよせ●和歌山の美味おとりよせ
さんま寿司 3本パックさんま寿司
 今が最高・旬の味 焼きさんま寿司旬の味 焼きさんま寿司 さんま寿司 さんま寿司  さば寿司・焼きさば寿司・焼きさんま寿司「食べくらべ3本セット」さば焼きさば・焼きさんま寿司

徐福寿司
さんま姿寿司

徐福店
和歌山県新宮市徐福町7176−12 電話0735−22−8893

駅前店
和歌山県新宮市駅前7050 電話0735−23−1313
 営業時間10〜17時 木曜定休



Copyright (C) 2004-2006旅楽トラベル 旅楽編集部 All Rights Reserved.