滋賀大津旅楽【たびたの】

創業1925年の老舗洋食店 ABC食堂


滋賀ランチ・洋食

ABC食堂


トイレ情報

ABC食堂


滋賀県で2番目に古い洋食屋 ABC食堂


ABC食堂 ABC食堂

まるで絵本から抜け出てきたようなイギリス洋館の概観。レトロなランプに重厚な木の扉。
わくわくしながらその扉を開ければ中は天井が高く、サントリーニ島のレストランのようである。
中央部には大きな大きな木のテーブルが置かれている。

 ABC食堂 ABC食堂

ここは 創業1925年の老舗洋食店 ABC食堂。地元ではエビシ食堂と呼ばれ愛されている。
何でも県内で2番目にできた洋食屋だそうで、この雰囲気だけでも悩殺されそうである。

ABC食堂

ランチタイム。丁度2階から多くの人が食事を済ませて出て行った所。
スタッフのお姉さんは一所懸命テーブルを拭いている。
「お待ちください」とも言われないので、
果たして我々に気づいているか不安になった頃に声をかけられ、ほっとする。
「こちらへどうぞ」と窓側の席に案内されたが、スタッフはちょっと気が利かない雰囲気ではある。

ABC食堂

中央のライトダウンの雰囲気と異なり、大きな窓から太陽光が差し込み明るい。
出窓にはかわいらしい熊の置物ときらきらと輝く水色の瓶。

ABC食堂 ABC食堂

水差しにはレモン。グラスには模様が刻まれている。

 ABC食堂 ABC食堂

さて、メニューから本日のランチ1000円と公民館(コロッケ、コキール、ヤサイサラダ)735円を。
この素敵なネーミングにぐっとくる。公民館とは公民館の職員が好んで食べたから。
もう一つ村川(コロッケ、ポークビーンズ、ヤサイサラダ)と言うのもあるが、
村川さんが好んで食べたからこう名付けられたそうだ。何から何までイカしている。

ABC食堂

本日のランチはビーフのデミグラソース煮込み、オムレツと温野菜にヤサイサラダ。
スープはカップ入りのコンソメ。ライスかパンからパンをチョイス。
肉はほろりと柔らかく、ソースの具合も昔食べたような懐かしの味。パンはふわふわと焼き立て。

ABC食堂

気になるのは公民館。ひき肉たっぷりの薄めのコロッケにたっぷりのコールスロー風のサラダ。
キャベツにりんごが入っているのが何ともいい。
そして気になっていたコキールとはグラタン。鶏肉ときのこが入っている。
正式にはコキールと言えばマカロニなどが入っていないグラタンを指すそうだ。
恐る恐る尋ねるとスタッフのお姉さんがにこやかに答えてくれた。

なにかほっとするこの料理。安くておいしいABC食堂。
またチャンスがあれば来たい、そう思える素敵な洋食店を見つけて嬉しくなった。



◎大津・草津の良い宿


ABC食堂
洋食

滋賀県東近江市八日市本町15−17
電話0748−22−0164
営業時間 11:30〜14:30(LO:13:50) 18:00〜21:30(LO20:50) 水曜定休、火曜夜休み



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】 滋賀県(東近江市)のランチ ABC食堂